コラム

COLUMN

アニメーション制作費用相場は?費用をかけても制作会社に依頼すべき理由


「アニメーション制作費用の相場は?」
「お金をかけてアニメーション制作会社に依頼するメリットはある?」

アニメーション制作費用は、数十万円から種類によっては数百万円以上です。

しかし、お金をかけて制作会社に依頼する意味はあります。

この記事では、アニメーション動画の制作費用相場と制作会社へ依頼すべき理由、少しでも費用を抑えるコツを紹介します。

最後まで読めば、アニメーション制作費用をかけても動画制作をプロに依頼したいと思うはずです!

1.アニメーション動画の制作費用相場

アニメーション動画の制作費用相場の一覧表と、内訳を解説します。

  1. 種類別アニメーション動画の制作費用相場
  2. なぜ高い?アニメーション動画の制作費用相場の内訳

今からアニメーション制作を外部委託しようと考えている方は、予算面も考えて検討しましょう。

(1)種類別アニメーション動画の制作費用相場

アニメーションの種類別動画制作費用相場を紹介します。

ホワイトボードアニメーション50〜100万円
タイポグラフィアニメーション30〜50万円
モーショングラフィックス20〜200万円程度
キャラクターアニメーション30〜100万円
手描きアニメーション30〜数百万円以上
3DCG300万円以上

アニメーションの制作費用は、アニメーション動画の流れや作り込み作業の量により費用が変わります。

例えば比較的手間がかからない「モーショングラフィックスアニメーション」の場合は、20万円から制作可能です。

反対に手描きアニメーションは原画制作からと手間も制作時間も長くなるため、数十分程度の動画制作に数百万円以上かかるケースもあります。

(2)なぜ高い?アニメーション動画の制作費用相場の内訳

基本的にアニメーション動画の制作費用の内訳は、人件費がそのほとんどを占めています。

アニメーション動画は様々なセクションに分けて、以下のようにセクションごとにスタッフが配置されているため関わる人員数が多いです。

尺が長ければ長いほど、スタッフの拘束時間が必要になるため費用が高くなります

  1. デザイン
  2. シナリオ作成
  3. アニメーション制作
  4. 動画編集
  5. サウンドプロダクション

1つずつアニメーション動画の制作費用相場の内訳を紹介します。

#1:デザイン

アニメーションキャラクターや背景、イラスト制作にかかる費用がデザイン料です。

企業PRでオリジナルキャラクターを登場させ、動かすようなアニメーションの場合は、キャラクターデザインから考え依頼することとなります。

依頼するデザイナーが有名な人であればあるほど、デザイン費用は高額になります。

#2:シナリオ作成

アニメーション動画全体の構成・台本を考案するのがシナリオ作成費用です。

ただキャラクターが動いているだけで内容がないアニメーションは、仮に視聴してもらえても内容が伝わりません。

例えば新規採用を目的とした動画なら、自社の魅力ややりがい、そして視聴者が「ぜひこの企業に行きたい」と思う動機づけが必要です。

伝わるシナリオを書いてもらうためにはプロに依頼する必要があり、その人件費が必要となります。

#3:アニメーション制作キャラクターをシナリオ通りに動かす動画作りがアニメーション制作費用です。

イラストレーターによる原画制作、その原画をつなぎ合わせてキャラクターを生き生きと動かします。

アニメーターは一人ではなく複数人のチームで作業するケースが多く、その分人件費もかかります。

#4:動画編集

アニメーターが作ったアニメーション動画の最終調整作業です。

編集作業が発生するかどうかは、アニメーション動画の種類によります。

例えば求人用のアニメーション動画で、アニメーションと実写動画を掛け合わせる場合は、編集者によって実写動画をアニメーションに組み込む作業が発生します。

動画編集が発生した場合のみかかる費用ですが、アニメーションの種類によって編集費用が発生することもあるため、覚えておきましょう。

#5:サウンドプロダクション費用

サウンドプロダクション費用とは、アニメーション動画に音を入れる作業にかかる費用です。

ただの動画では視聴者にアニメーション動画の内容が伝わらず、またインパクトも創出できません。

サウンドエフェクトやBGMなどを挿入したり、必要な場合はナレーターによる音声を入れ込みます。

サウンドプロダクションを調整するスタッフの費用、またナレーターを雇用する場合はナレーション費用も必要です。

2.アニメーション制作費用をかけても制作会社へ依頼すべき4つの理由

アニメーション制作会社への依頼は高額ですが、プロに任せた方が良い理由を説明します。

  1. 視聴者に伝わるシナリオを考案してくれる
  2. 自主制作よりも手間を圧倒的に省略できる
  3. 目的に合わせて最適なアニメーション企画を提案できる
  4. 個人クリエイターなどと比べて質が高いアニメーションを作れる

アニメーション制作会社に依頼するメリットを知り、ぜひアニメーション動画の制作依頼を検討してください。

(1)視聴者に伝わるシナリオを考案してくれる

アニメーションで最も大切なのは、視聴者に伝えたい情報を伝達することです。

人が行動を起こすトリガーとなるのは感情であり、感情に訴えるには『ストーリー』が必須。

アニメーション制作会社にはプロのシナリオライターがおり、クライアントの要望に沿って視聴者に伝わる物語を作ってもらえます。

例えば株式会社JITSUGYOは、創業65年以上の広告代理店。

官公庁や自治体、大手企業との取引実績も豊富で、視聴者に訴えるストーリー作成を手掛け、実績を出してきました。

株式会社JITSUGYOが提供する「ツタアニ®︎」では、視聴者の心を動かすアニメーションを制作しています。

スタッフは年間80件以上の取材を実施し、ヒアリング能力と情報伝達力、そしてマーケティングに長けた会社です。

株式会社JITSUGYOのような、人へ伝える仕事を生業としている会社にアニメーション制作を頼めば、視聴者が動画視聴後に意図したアクションを起こしてくれる動画を制作できます。

(2)自主制作よりも手間を圧倒的に省略できる

アニメーションの自主制作を考えている方もいると思いますが、かなりの手間がかかるためおすすめできません。

シナリオ考案からデザインなど、一般企業でアニメーション制作と通常業務の並行は難しいでしょう。

反面プロのアニメーション制作会社に任せれば、自社の希望を伝えるだけで意図通りのアニメーションを作ってもらえます。

自社の業務やリソースを圧迫せず、納得のいくアニメーション動画作りが可能です。

(3)目的に合わせて最適なアニメーション企画を提案できる

アニメーション動画は目的に応じたシナリオやデザインが必要です。

しかし、アニメーション動画制作に取り組んだことがない方は目的に応じたアニメーション企画の考案といわれても、何をしたら良いかわからないでしょう。

プロのアニメーション制作会社はアニメーション作りのノウハウを蓄積しており、企業の意図に合わせた動画企画を考案できます。

(4)個人クリエイターのデメリットを補える

費用を抑えるために個人クリエイターにアニメーション制作依頼する方法もありますが、クオリティを考えれば制作会社への依頼をおすすめします。

個人クリエイターもスキルを持った人はいますが、個人であるため制作に時間がかかる、頼める範囲に限界があるなどのデメリットがあります。

質の高いアニメーション動画を作りたいならチーム制で運営しているプロのアニメーション制作会社へ依頼しましょう!

3.アニメーション制作費用を少しでも安くする方法

アニメーション制作費用を少しでも安く抑える方法を2つ紹介します。

  1. 費用が安いアニメーションの種類を選ぶ
  2. 自社ロゴなど提供できる素材を用意する

動画制作費用がネックとなり制作会社へ依頼できない方は、この2つを実践してください。

(1)費用が安いアニメーションの種類を選ぶ

アニメーション制作費用を抑えるなら、アニメーションの種類を検討しましょう。

3DCGアニメーション等は技術力のあるスタッフが必要で制作期間も長いため、費用はかなり高額です。

反対にホワイトボードアニメーションなど、比較的簡単な作りのアニメーションなら、数十万円から依頼できます。

また、ビジネスアニメーション制作ツールのVYOND(VYOND)など、動画制作をスムーズに行うツールを導入することで、短時間で高品質なアニメーションを制作することが可能です。

VYONDでは、パワーポイントのスキルがあれば最短2時間でもPRアニメーションが作れます。

VYONDを専門に取り扱っている業者もありますので、ぜひ検討してみてください。

アニメーションの種類については、以下の記事をご覧ください。

(2)自社ロゴなど提供できる素材を用意する

アニメーション制作の過程で使用する画像や動画、音声などは全てクライアント側が負担します。

少しでも費用を抑えるなら、自社ロゴや提供できる画像素材、音声などを提供しましょう。

新しく素材やBGMを制作すると、別途で費用がかかるためです。

自社で提供できる素材を提供できれば、アニメーション制作費用を安くできます。

どのような会社にアニメーション制作をすれば良いかわからない方は、以下の記事もあわせてご参照ください。

アニメーション制作は費用対効果の高いプロへの依頼がおすすめ!

アニメーション制作費用は数十万円から、高いもので数百万円以上です。

一見するとかなり高額ですが、自社の目的に合わせた企画やシナリオの考案、質の高いアニメーション動画ができることを考えると費用をかける価値はあります。

特に視聴者の心を動かすストーリーを考えられる、経験と知見があるアニメーション制作会社を選びましょう。


御社の魅力を伝えるアニメーションの制作なら「ツタアニ®」

ツタアニは、今年で創業65年目の広告会社である株式会社JITSUGYOが運営するアニメーション制作サービスです。

アニメーション制作は参入障壁が低く、社歴が短い会社やシェアオフィスで運営している会社が多いのが現状です。そんな中でも、弊社は2023年で66期目になり一般企業だけでなく、国や地方自治体、大学、著名人といったお客様との取引も多数ございます。

年間80件以上の対面取材、プロポーザル参加件数年間14件で勝率70%以上など、65年以上続く広告会社であり伝えることのプロだからこそ、誇れる実績が多数ございます。65年以上続く広告会社だからこそできる圧倒的なシナリオ作成力で、営業から取材、制作、広告運用まで一気通貫したサービスをご提供いたします。

アニメーションは作って終わりではなく、その後の商品やサービス、会社の認知や採用など、認知拡大やマーケティング部分までサポートできるのが弊社の魅力です。Google広告公式認定資格保持者も社内に在籍していますので、専門的でより効果的な施策を実施することが可能です。

アニメーション制作をご検討中の企業担当者様は、株式会社JITSUGYOが運営するツタアニ®に、ぜひ一度ご相談ください。

制作の依頼・相談
ツタアニ編集部

ツタアニ編集部

年間300本以上の動画制作実績を誇るツタアニの編集メンバー。動画を使ったマーケティングについて、老舗広告会社の視点から解説します。

記事を
シェアする

TwitterTwitterでシェア FacebookFacebookでシェア LINELINEでシェア RSSRSS

\ 老舗の広告会社が運営する /

実績豊富なアニメーション制作ならツタアニ®にお任せください

伝えることのプロだからこそ、圧倒的なシナリオ力で高品質なアニメーション制作を行います。
営業から取材、制作まで、65年で蓄積されたノウハウを基に、社内で一気通貫したサービスをご提供いたします。