コラム

COLUMN

【無料あり】2024年最新手書きアニメーション作成サイト7選


「手書きアニメーション作成サイトは、どこがおすすめ?」
「手書きアニメーション作成サイトの欠点は?」

手書きアニメーション作成サイトを使えば簡単にアニメーションを作れますが、多くのサービスがあるため選びきれないと困っていませんか?

またサイト選びだけでなく、手書きアニメーション作成サイトのデメリットを把握して、見てもらえるアニメーションを作るコツも重要です。

この記事では、手書きアニメーション作成サイトの概要やおすすめのサイト7選、利用時の注意点を解説しています。

最後まで読めば、手書きアニメーション作成サイトの概要やおすすめのサイト情報まで全てわかります!

1.手書きアニメーション作成サイトとは

手書きアニメーション作成サイトの概要を解説します。

  1. 手書きアニメーションを作れるサイト
  2. 手書きアニメーションの具体例

ビジネスに活用できる便利なサイトを使い、求人動画やPRアニメーションを作りましょう。

1つずつ概要を解説します。

(1)手書きアニメーションを作れるサイト

手書きアニメーション作成サイトとは、簡単に手書き風アニメーションを作れるサイトのことです。

ソフトウェアではなく、ブラウザで使用できるためダウンロードが必要ありません。

またソフトウェアのように買い切りではなく、ライセンスを購入して使用します。

(2)手書きアニメーションの具体例

手書きアニメーション作成サイトで作れる動画の具体例は、以下のような動画です。

上記の動画は実写の手の画像を使い、手書きでホワイトボードへ文字を書いているように見せています。

複雑な編集が必要そうに見えますが、手書きアニメーション作成サイトを使えばテンプレートからキャラクターや画面転換を選ぶだけで、簡単にアニメーション作成が可能です。

手書きアニメーションをより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

2.手書きアニメーション作成サイトの3つの選び方

手書きアニメーション作成サイトを選ぶ際には、以下3つのポイントに注目してください。

  1. 利用目的に合致しているか
  2. 操作性は良いか
  3. 予算は適切か

ライセンス契約をしても、使いこなせなければ意味がありません。

手書きアニメーション作成サイトを契約する時は、上記3つを比較して選んでください。

(1)利用目的に合致しているか

最近は手書きアニメーション作成サイトが数多くリリースされています。

その中でも、自社の利用目的に合致するサイトを選びましょう。

例えば、自社PR動画や人材採用目的のアニメーションを作りたいなら、ビジネスアニメーションに特化したサイトがおすすめです。

利用目的を考えたうえで、手書きアニメーション作成サイトを選んでみてください・を選んでください。

(2)操作性

手書きアニメーション作成サイトを選ぶ時は、事前に操作性を確認してみましょう。確認してください。

操作性が悪いと、アニメーション作成に時間がかかり、また効率の悪さからアニメーション作成自体を諦めてしまう結果になるからです。

手書きアニメーション作成サイトにはお試し期間が設けられている物が多いです。

事前に無料期間で担当社員に操作性を確認させて、最も使いやすいサイトを選びましょう。

(3)予算は適切か

手書きアニメーション作成サイトは、月額または年間のライセンス契約が必要です。

継続的に費用がかかるため、年に1本程度しか作る予定がない場合は費用対効果が合わないこともあります。

年間に何本くらいアニメを作るかを考えて、予算的に無理のない範囲でサイトを選びましょう。

手書きアニメーションの作り方を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

3.【無料あり】手軽に使える手書きアニメーション作成サイト7選

手軽に使える手書きアニメーション作成サイトを7つ紹介します。

  1. VYOND(ビヨンド)
  2. Renderforest
  3. FlexClip
  4. Adobe Express
  5. Animaker
  6. Toonly
  7. Animatron

無料期間が設けられている手書きアニメーション作成サイトを選んでいるので、トライアルしてから適切なサイトを選びましょう。

(1)VYOND(ビヨンド)

VYONDは多くの企業やYouTuberにも愛用されている、ビジネス特化の手書きアニメーション作成サイトです。

パワーポイントのような操作感で使いやすく、テンプレートからキャラクターや背景を選ぶだけで、簡単にアニメーションを作成できます。

2週間のトライアル期間が設けられているので、たっぷり14日間お試しできるのも嬉しいポイントです。

ライセンスは年間$299(2023年12月時点)から利用でき、比較的安価に利用できる手書きアニメーション作成サイトです。

(2)Renderforest

Renderforestは、ビジネスや教育現場でもシェアの高い手書きアニメーション作成サイトです。

豊富なテンプレートを選ぶだけで、手書き風アニメーションを作れます。

無料プランも用意されているので、操作感などを事前に試してから契約を検討可能。

Liteプランなら月額1,599円(2023年12月時点)からと安価で利用できます。

(3)FlexClip

FlexClipは無料でビジネスに活用できる手書きアニメーションを作れるサイトです。

テンプレートの利用はもちろん、自社で用意した素材をアップロードして、オリジナルアニメーションも作れます。

ビジネスに特化したサイトではありませんが、無料で利用できるため一度アニメーション作りに挑戦したい企業へおすすめです。

(4)Adobe Express

Adobe Expressは、AIを利用して気軽にアニメーション作成ができるサイトです。

数千種類のテンプレートがあり、その中からキャラクターや背景を選択し、動きをつけるだけと操作方法も簡単。

無料から利用でき、また場所を選ばず外出先でも操作が可能などリモートワークにも適しています。

(5)Animaker

Animakeは、クラウドで簡単に手書きアニメーションを作成できるサイトです。

数回のクリックで簡単にアニメーションが作れる操作性、ビジネスに利用しやすいテンプレートが豊富で、自社PRや求人向け動画の作成におすすめ。

3つのアニメーションが作れる無料プランで、操作性の確認も可能です。

利用料金は年間$150(2023年12月時点)からとリーズナブルに利用できます。

(6)Toonly

Toonlyは、ドラッグ&ドロップだけで手書きアニメーションを作成できるサイトです。

さまざまな業種に使えるキャラクターや背景、小道具などのテンプレートがあり、どんな業種でも自社の魅力をアピールするアニメーションを作れます。

年間$490(2023年12月時点)から利用できるスタンダードプランと、大人数で利用する企業向けのプランも選べるので、利用人数に応じてプランを選ぶと良いでしょう。

(7)Animatron

Animatronは、教育現場やビジネスで利用されている手書きアニメーション作成サイトです。

1,000種類以上のテンプレートやキャラクターを組み合わせ、簡単にアニメーションを作れます。

さまざまなプラットフォームへのアニメーション出力も可能で、アニメーション運用も楽なのが特徴です。

5つまでのアニメーションが作れる無料プランもあるので、まずはお試しで使ってみるのがおすすめです。

また有料プランは月額$15(2023年12月)からと、手軽に利用できます。

5.手書きアニメーション作成サイトを利用する際の注意点

手書きアニメーション作成サイトを利用する際の注意点を3つ紹介します。

  1. 他のアニメーションとの差別化
  2. シナリオ構成
  3. コストパフォーマンス

アニメーション自体は、紹介したサイトを使えば簡単に作れます。

しかし、アニメーションを作る目的が叶えられるかは別の話。

1つずつ注意点を説明するので、手書きアニメーション作成ソフトを利用する際の参考にしてください。

(1)他のアニメーションとの差別化

手書きアニメーション作成サイトの欠点は、同じサイトを使うとアニメーションの見た目がほぼ同じになりやすい点です。

YouTubeでVYONDを使ったアニメーションが大量に投稿された際に、キャラクターの造形が似てしまいます。見た目がほぼ同じで戸惑った経験はないでしょうか?

手書きアニメーション作成サイトを使うと、背景やキャラクターが似てしまうため、視聴者には同じようなアニメと認識されます。

差別化のためには、サムネイル画像にこだわったり、自社ロゴやオリジナル画像を取り入れて、ビジュアルを変える方法がおすすめです。

また、BGMやSE、ナレーションを入れるとよりプロの仕上がりに近づき、他社に差をつけた見てもらえるアニメーションを作れます。

手書きアニメーション作成サイトの欠点を理解し、他社に埋もれないアニメーションを作りましょう。

(2)意図を伝えるためにはシナリオ作りが必要

手書きアニメーション作成サイトを使えば、簡単にアニメーションを作れます。

しかし、伝えたいメッセージが不明瞭だと視聴者が想定したアクションをとってくれません。

またストーリーが退屈だと、最後まで見てもらえない可能性もあります。

アニメーションを作る前に、自社で伝えたいメッセージや視聴者目線の知りたい情報をリストアップしましょう。

そのあとでリストアップした情報を自然に入れ込み、視聴者を最後まで飽きさせないストーリー展開を考えてください。

どうしてもシナリオが作れないとお悩みなら、シナリオ作成が得意な「ツタアニ®️」のようなアニメーション作成サービスの利用がおすすめです。

「ツタアニ®️」は創業65年以上の歴史を持つ広告代理店『株式会社JITSUGYO』が運営するアニメーション代行サービスです。

広告代理店として長く活動したノウハウを活かし、視聴者目線に立った情報・企業のメッセージを入れ込んだ物語を組み立て、アニメーションを作成します。

(3)コストパフォーマンス

手書きアニメーション作成サイトを利用する前に、コストパフォーマンスを考えましょう。

例えば、アニメーションを作るのに数ヶ月もかかる場合は、自社で制作するよりも外注した方がタイムパフォーマンスが良い可能性があります。

アニメーションの質やライセンス契約の必要性を比較検討し、外注か自社で手書きアニメーション作成サイトを契約するか検討してください。

手書きアニメーション作成サイトで自社をPRするアニメを作りましょう

手書きアニメーション作成サイトを使えば、ドラッグ&ドロップなどの簡単操作で、ビジネス利用できる動画を作れます。

人材募集や自社製品のPR、会社紹介などにアニメーションを活用したいと考える企業担当の方は、記事で紹介した中から適切なサイトを選びましょう。

また、手書きアニメーション作成サイトを利用するか外注するか迷っている場合は、「ツタアニ®️」もご検討ください。


御社の魅力を伝えるアニメーションの制作なら「ツタアニ®」

ツタアニは、今年で創業65年目の広告会社である株式会社JITSUGYOが運営するアニメーション制作サービスです。

アニメーション制作は参入障壁が低く、社歴が短い会社やシェアオフィスで運営している会社が多いのが現状です。そんな中でも、弊社は2023年で66期目になり一般企業だけでなく、国や地方自治体、大学、著名人といったお客様との取引も多数ございます。

年間80件以上の対面取材、プロポーザル参加件数年間14件で勝率70%以上など、65年以上続く広告会社であり伝えることのプロだからこそ、誇れる実績が多数ございます。65年以上続く広告会社だからこそできる圧倒的なシナリオ作成力で、営業から取材、制作、広告運用まで一気通貫したサービスをご提供いたします。

アニメーションは作って終わりではなく、その後の商品やサービス、会社の認知や採用など、認知拡大やマーケティング部分までサポートできるのが弊社の魅力です。Google広告公式認定資格保持者も社内に在籍していますので、専門的でより効果的な施策を実施することが可能です。

アニメーション制作をご検討中の企業担当者様は、株式会社JITSUGYOが運営するツタアニ®に、ぜひ一度ご相談ください。

制作の依頼・相談
ツタアニ編集部

ツタアニ編集部

年間300本以上の動画制作実績を誇るツタアニの編集メンバー。動画を使ったマーケティングについて、老舗広告会社の視点から解説します。

記事を
シェアする

TwitterTwitterでシェア FacebookFacebookでシェア LINELINEでシェア RSSRSS

\ 老舗の広告会社が運営する /

実績豊富なアニメーション制作ならツタアニ®にお任せください

伝えることのプロだからこそ、圧倒的なシナリオ力で高品質なアニメーション制作を行います。
営業から取材、制作まで、65年で蓄積されたノウハウを基に、社内で一気通貫したサービスをご提供いたします。