コラム

COLUMN

ホワイトボードアニメーションの作り方|視聴者に伝わる動画制作のコツ


「ホワイトボードアニメーションの作り方って、どんな方法がある?」
「ホワイトボードアニメーションを作ってみたけど、なんか退屈…どうしたらもっと良いアニメーションが作れるの?」

ホワイトボードアニメーションは、手書きまたは専用ソフトでの制作が一般的。

比較的簡単に作れますが、他社との差別化が難しいので、作ってみてクオリティに納得いかないと感じる方もいるでしょう。

この記事では、ホワイトボードアニメーションの作り方や作り方別のメリットとデメリットの比較、伝わるホワイトボードアニメーションの作り方のコツを紹介します。

最後まで読めば自社の目的に適ったホワイトボードアニメーションを作り、動画の効果を実感できるでしょう!

1.ホワイトボードアニメーションの作り方

ホワイトボードアニメーションの作り方は3つあります。

  1. 手書きで作る
  2. 専用ソフトを使って作る
  3. プロに依頼して作ってもらう

1つずつ作り方を説明するので、どの方法で作るか考えてみましょう。

(1)手書きで作る

最も簡単にホワイトボードアニメーションを作れるのは、手書きで作る方法です。

手書きでホワイトボードに絵や文字を書いていき、その様子を撮影した動画を編集する方式なので、誰でも簡単にホワイトボードアニメーションが作れます。

ビデオカメラや編集ソフトは用意しなければなりませんが、アニメーション編集ソフトの使い方がわからない企業にはおすすめです。

(2)専用ソフト(アプリ)を使って作る

ホワイトボードアニメーションが作れるソフトを使えば、テンプレートを利用して、イラストが描けない方でもホワイトボードアニメーションが作れます。

操作感はパワーポイントに似ているソフトが多いので、基本的にPowerPointを使っている人なら、操作に支障はないはず。

ホワイトボードアニメーションが作れるソフトを知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

(3)プロに依頼して作ってもらう

ホワイトボードアニメーションも、プロに依頼すると見違える出来栄えになります。

ホワイトボードアニメーションは、かなり研究しないと他のアニメーションの二番煎じに見えがちなデメリットも。

その点実績のあるアニメーション制作会社なら、会社の個性を出しつつわかりやすいホワイトボードアニメーションを作ってくれます。

ホワイトボードアニメーションの制作を依頼できる会社については、以下の記事を参考にしてください。

2.【方法別】ホワイトボードアニメーションの効果とデメリット

ホワイトボードアニメーションには3つの作り方がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

  1. 手描き
  2. 専用ソフト
  3. プロに依頼した

それぞれの方法のメリットとデメリットを比較し、自社に適したホワイトボードアニメーションの作り方を考えてみましょう。

(1)手描きの作品

メリットデメリット
・簡単に作れる
・イラストが描けなくても作れる
・ビデオカメラの用意が必要
・動画編集ソフトが必要
・動画編集技術が必要
・文字や絵が上手くないと見にくい

手書きでホワイトボードアニメーションを作る方法は、とにかく簡単なのが魅力です。

反面ビデオカメラや編集ソフトが必要であり、また技術がないと上手く編集できず不自然な動画になりがち。

また文字や絵が上手くないと、見にくい動画になってしまうので、描く人を選ぶのが難点です。

(2)専用ソフト

メリットデメリット
・イラストが描けなくても作れる
・操作が簡単なソフトが多い・テンプレートが豊富
・直接YouTubeなどへのアップも可能
・BGMなどもプラットフォーム上で合成できる
・ライセンス費用が高いソフトが多い
・同じソフトを使っているユーザーと動画の見た目が似てしまう
・年間でライセンス契約が必要なソフトが多いため、動画作成本数によってはコスパが悪い

VYOND(ビヨンド)など、ビジネスアニメーションに特化したソフトを使えば、簡単にホワイトボードアニメーションが使えます。

反面でライセンス費用が10万円以上するなど、多数の人が使うと想定すると高額になりがtなのがデメリットです。

(3)プロに依頼

メリットデメリット
・クオリティの高いアニメーションが作れる・シナリオから考えてもらえる・他社との差別化がしやすい・依頼費用がかかる

プロに依頼してホワイトボードアニメーションを作れば、質が高く他社と差別化した動画作成が可能です。

またシナリオもアニメーション制作会社で考えてもらえるので、視聴者が企業が投げかけるメッセージを理解しやすい点も魅力。

ただし費用が数十万円単位でかかるので、費用対効果も検討すべきでしょう。

動画制作頻度がそこまで高くないなら、ソフト購入よりもプロへの依頼をおすすめします。

3.『伝わる』ホワイトボードアニメーションの作り方

伝わるホワイトボードアニメーションの作り方のコツを3つ解説します。

  1. 構成やシナリオに時間をかける
  2. 視聴者の立場に立って作る
  3. 効果的な実写やBGMを取り入れる

ホワイトボードアニメーション作りを自社で考えている方は、この3つのコツを意識してください。

(1)構成やシナリオに時間をかける

ホワイトボードアニメーションは、理解しやすいメリットがある反面で、他社との差別化が難しいアニメーションです。

特にソフトを使うとキャラクターや背景が似てしまうので、どうしても同じような動画に見えます。

このデメリットを補うには、構成やシナリオに時間をかけましょう。

特にシナリオは大切で、視聴者の感情を揺さぶるストーリーを軸にして、その中にメッセージを入れ込む方法がおすすめ。

もしもシナリオ作りに自信がないなら、初めの1本はプロの制作会社へ任せてみる方法も検討してください。

株式会社JITSUGYOが提供する「ツタアニ」というアニメーション制作サービスでは、シナリオ作りから企業向けのアニメーション動画作りをサポートしています。

創業65年以上の歴史を持つ広告会社である「株式会社JITSUGYO」の広告ノウハウで、視聴者の感情に訴えかけて、アニメーション視聴後に意図通りの行動を誘発できるシナリオを考えてもらえます。

(2)視聴者の立場に立って作る

ホワイトボードアニメーションを作るときは、見る人の立場に立って作りましょう。

視聴者の目線がないと、ただ企業の主張が流れてくる退屈な動画になってしまうためです。

視聴者目線で動画を見返して、退屈に感じないか、ストーリー自体は面白いかを見返してみてください。

(3)効果的な実写やBGMを取り入れる

自社でホワイトボードアニメーションを作る際は、効果的な実写やBGMを取り入れてください。

ホワイトボードはモノクロがメインなので、視聴者が飽きてしまう可能性があります。

そこで実写やBGMを入れると、視聴者に画面の変化や音声的な刺激を与えられるので、最後まで視聴してもらえるのです。

より詳しいホワイトボードアニメーションの作り方の流れを知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

ホワイトボードアニメーションの作り方を学びビジネスに活用しましょう

ホワイトボードアニメーションの作り方は、実写・ソフトでの制作・プロへの依頼の3パターンがあります。

一番簡単な方法は実写なので、まずは実写から始めてみても良いでしょう。

よりプロっぽいホワイトボードアニメーションを作りたいなら、VYOND(ビヨンド)というアニメーション制作ソフトが操作も簡単でおすすめです。

クオリティやシナリオにこだわるなら、制作会社への依頼も検討してください。

ホワイトボードアニメーションの作り方を学んで、採用や自社PRに活用しましょう!


御社の魅力を伝えるアニメーションの制作なら「ツタアニ®」

ツタアニは、今年で創業65年目の広告会社である株式会社JITSUGYOが運営するアニメーション制作サービスです。

アニメーション制作は参入障壁が低く、社歴が短い会社やシェアオフィスで運営している会社が多いのが現状です。そんな中でも、弊社は2023年で66期目になり一般企業だけでなく、国や地方自治体、大学、著名人といったお客様との取引も多数ございます。

年間80件以上の対面取材、プロポーザル参加件数年間14件で勝率70%以上など、65年以上続く広告会社であり伝えることのプロだからこそ、誇れる実績が多数ございます。65年以上続く広告会社だからこそできる圧倒的なシナリオ作成力で、営業から取材、制作、広告運用まで一気通貫したサービスをご提供いたします。

アニメーションは作って終わりではなく、その後の商品やサービス、会社の認知や採用など、認知拡大やマーケティング部分までサポートできるのが弊社の魅力です。Google広告公式認定資格保持者も社内に在籍していますので、専門的でより効果的な施策を実施することが可能です。

アニメーション制作をご検討中の企業担当者様は、株式会社JITSUGYOが運営するツタアニ®に、ぜひ一度ご相談ください。

制作の依頼・相談
ツタアニ編集部

ツタアニ編集部

年間300本以上の動画制作実績を誇るツタアニの編集メンバー。動画を使ったマーケティングについて、老舗広告会社の視点から解説します。

記事を
シェアする

TwitterTwitterでシェア FacebookFacebookでシェア LINELINEでシェア RSSRSS

\ 老舗の広告会社が運営する /

実績豊富なアニメーション制作ならツタアニ®にお任せください

伝えることのプロだからこそ、圧倒的なシナリオ力で高品質なアニメーション制作を行います。
営業から取材、制作まで、65年で蓄積されたノウハウを基に、社内で一気通貫したサービスをご提供いたします。