コラム

COLUMN

アニメーション動画広告の作り方とは?メリットや成功事例も紹介


「アニメーション動画広告の作り方とは?」
「自社の宣伝にアニメーション広告を取り入れるメリットは?」

アニメーション動画広告とは、アニメーション動画で自社の宣伝やサービスなどを宣伝する手法です。比較的安価で、親しみやすい印象のある広告を作れるのがアニメーション動画広告の特徴となります。

この記事ではアニメーション動画広告の6つのメリットとデメリット、作り方と実際の事例を紹介しています。

最後まで読めばアニメーション動画広告の有用性と作り方がわかり、自社宣伝にアニメーションを活用したくなるでしょう!

1.アニメーション動画広告の6つのメリット

アニメーション動画広告の6つのメリットを説明します。

  1. 実写動画と比較して比較的安く制作できる
  2. 音声なしでも内容が伝わる
  3. 視聴者が親しみを持ちやすい
  4. リアルすぎる内容もソフトに伝えられる
  5. 演者のイメージによる影響を受けない
  6. 多言語に対応できる

なぜ宣伝にアニメーション動画広告が大切か理解したうえで、広告を作りましょう。

(1)実写動画と比較して比較的安く制作できる

アニメーション動画広告の1つ目のメリットは、比較的安く制作できる点です。

実写で宣伝動画を制作する場合は、15秒CM程度でシンプルな構成でも30万円からが相場となります。

一方でホワイトボードアニメーションのような、簡素なアニメであれば10万円から制作可能です。

アニメーション動画の方が、実写動画よりも安く制作できるため予算を押さえて広告出稿ができます。

(2)音声なしでも内容が伝わる

アニメーション動画広告は音声なしでも内容が伝わりやすいです。

キャラクターの動きを大袈裟にしたり、文字の説明を動画内に入れ込みやすいためです。

仮に音声を出せない状況でも動画内容を理解してもらえるため、広告を視聴するタイミングによる機会損失を防げます。

(3)視聴者が親しみを持ちやすい

アニメーションは、視聴者に親しみを持たせやすいです。

たとえば会社の事業内容説明などを、実写で説明会方式で放映するとどうしても難しく感じてしまいます。

反面アニメーションなら、会社説明でもポップに伝えられるため、視聴してもらえます。

(4)リアルすぎる内容もソフトに伝えられる

アニメーション動画広告は、リアルすぎる内容もソフトに伝えられます。

たとえば、視聴者が重いと感じる介護やきつい仕事内容を実写で放映すると、「やっぱりきつそうだな」「見ていて辛いな」と思われる可能性があるでしょう。

反対にアニメーション動画なら、上記のような内容もソフトなイメージで伝えられます。

(5)演者のイメージによる影響を受けない

アニメーション動画広告は、演者のイメージによる影響を受けません。

たとえばタレントを採用した実写動画を放映している場合、そのタレントのスキャンダルによって企業イメージが下がることがあります。

また採用広告で従業員を使って動画制作した場合、その従業員が辞めた際に動画を削除しなければなりません。

アニメーションは特定の人物が登場するわけではないため、演者の影響を受けにくい点がメリットです。

(6)多言語に対応できる

アニメーション動画は多言語に対応しやすいです。

ナレーションとアニメーションを別で制作するため、音声だけを差し替えれば簡単に多言語対応できます。

そのためグローバルな広告に対応しやすく、国際展開する際にもそのまま動画広告を流用できるでしょう。

2.アニメーション広告のデメリット

アニメーション広告はメリットが多いですが、もちろんデメリットもあります。

  1. リアルさに欠けてしまう
  2. アニメーションの種類によっては制作費用が高い
  3. ブランディングと合わせたキャラクターが必要である

メリットと比較して、出稿を検討しましょう。

(1)リアルさに欠けてしまう

アニメーション広告は実写と比べてリアルさに欠ける点がデメリットです。

重い内容をソフトに伝えることはできますが、商品紹介のようなリアルさを求められる宣伝には向きません。

ただし、難しい内容をわかりやすく伝えたり、ショッキングな内容を受け入れやすくする効果はあります。内容に応じて、アニメーションと実写を使い分けましょう。

(2)アニメーションの種類によっては制作費用が高い

アニメーション動画広告は比較的安価に制作できますが、種類によっては制作費用が高いです。

例えば本格的なキャラクターアニメーション、3DCGアニメーションは数百万円単位の制作費用が必要になる場合があります。

自社予算に合わせて、アニメーションの種類を検討しましょう。

(3)ブランディングと合わせたキャラクターが必要である

アニメーション動画広告のデメリットは、自社ブランディングとキャラクターの統合性が必要なことです。

自社ブランディングと登場キャラクターが合致しないと、視聴者が違和感を覚える可能性があります。

たとえば、介護関係の会社がアニメーション動画でカジュアルすぎるキャラクターを登場させた場合、会社のイメージと違いすぎてブランディングが崩れるかもしれません。

3.アニメーション広告の作り方と費用相場

アニメーション広告の作り方と費用相場を説明します。

  1. 自社で制作する
  2. アニメーション制作会社へ依頼する

予算に合わせて制作方法を検討しましょう。

(1)自社で制作する

アニメーション動画広告は自社で制作できます。

「VYOND(ビヨンド)」などのアニメーション制作ソフトを使えば、アニメーション制作の知識がなくても、パワーポイント感覚で動画制作が可能です。

またイラストを描ける人が社内にいるなら、本格的なアニメーションを制作しても良いでしょう。

アニメーションを自社で制作する方法は、以下の記事でまとめています。

(2)アニメーション制作会社へ依頼する

アニメーション動画広告は、制作会社へ依頼して外注できます。

制作会社はアニメーション動画広告制作のノウハウも豊富で、視聴者の気持ちを盛り上げる構成作りができます。

特に広告業界に精通したアニメーション制作会社と提携すれば、自社販促や認知拡大に役立つアニメーション動画広告制作から運用まで、一括で任せられるのがメリットです。

アニメーション動画広告を制作会社へ依頼する方法は、こちらの記事をご覧ください。

4.成功したアニメーション広告の事例

アニメーション広告の事例を3つ紹介します。

  1. RedBull
  2. 幼児期からの運動形成プロジェクト
  3. ネクストライフグループ

印象的で宣伝効果の高いアニメーション広告制作の参考にしましょう。

(1)RedBull

RedBullは特徴的なアニメーションでCMを放映し、広告に成功しています。

『Red Bull 翼をさずける』という特徴的なキャッチコピーとアニメーションがマッチし、ブランディングと認知拡大に成功しました。

当時まだ珍しかった海外製のエナジードリンクという受け入れられにくい題材を、アニメーションCMで見事に浸透させた事例です。

(2)幼児期からの運動形成プロジェクト

『幼児期からの運動形成プロジェクト』もアニメーション広告で、サービスの宣伝を実施しています。

可愛らしい子供をキャラクターとして登場させ、運動により得られるメリットを説明しています。

子供が好むイラストを活用して、親子共に楽しめるアニメーション広告を出稿した事例です。

(3)ネクストライフグループ

『ネクストライフグループ』は、アニメーション動画によって自社紹介動画を制作しています。

ゴミ屋敷清掃や遺品整理など重めの内容ですが、アニメーションを取り入れることでライトに視聴できる広告に仕上がっています。

アニメーションの中に仕事中の実写写真を取り入れ、リアルさも演出している事例です。

アニメーション広告で理解しやすいPRを実施しましょう

アニメーション広告の作り方は、自主制作または外注の2つです。

アニメーション動画は視聴者に親しみを感じてもらいやすく、また重めの内容もライトに伝えられるのが特徴となります。

自社が宣伝したい内容に応じて効果的にアニメーション広告を取り入れ、認知拡大に取り組みましょう。


御社の魅力を伝えるアニメーションの制作なら「ツタアニ®」

ツタアニは、今年で創業65年目の広告会社である株式会社JITSUGYOが運営するアニメーション制作サービスです。

アニメーション制作は参入障壁が低く、社歴が短い会社やシェアオフィスで運営している会社が多いのが現状です。そんな中でも、弊社は2023年で66期目になり一般企業だけでなく、国や地方自治体、大学、著名人といったお客様との取引も多数ございます。

年間80件以上の対面取材、プロポーザル参加件数年間14件で勝率70%以上など、65年以上続く広告会社であり伝えることのプロだからこそ、誇れる実績が多数ございます。65年以上続く広告会社だからこそできる圧倒的なシナリオ作成力で、営業から取材、制作、広告運用まで一気通貫したサービスをご提供いたします。

アニメーションは作って終わりではなく、その後の商品やサービス、会社の認知や採用など、認知拡大やマーケティング部分までサポートできるのが弊社の魅力です。Google広告公式認定資格保持者も社内に在籍していますので、専門的でより効果的な施策を実施することが可能です。

アニメーション制作をご検討中の企業担当者様は、株式会社JITSUGYOが運営するツタアニ®に、ぜひ一度ご相談ください。

制作の依頼・相談
ツタアニ編集部

ツタアニ編集部

年間300本以上の動画制作実績を誇るツタアニの編集メンバー。動画を使ったマーケティングについて、老舗広告会社の視点から解説します。

記事を
シェアする

TwitterTwitterでシェア FacebookFacebookでシェア LINELINEでシェア RSSRSS

\ 老舗の広告会社が運営する /

実績豊富なアニメーション制作ならツタアニ®にお任せください

伝えることのプロだからこそ、圧倒的なシナリオ力で高品質なアニメーション制作を行います。
営業から取材、制作まで、65年で蓄積されたノウハウを基に、社内で一気通貫したサービスをご提供いたします。