コラム

COLUMN

アニメーションの作り方とは?初心者でも簡単操作でアニメが作れるツールや外部委託先を紹介


「アニメーションの作り方がわからない」

「簡単にアニメーションを作れるソフトやアプリはある?」

アニメーション動画は視聴者に情報が伝わりやすく、ブランディングや宣伝に利用されています。

短時間の動画でも多くの情報を伝えられ、また伝えた情報の理解度が高まるのがアニメーション動画のメリットです。

しかしアニメーション制作は難しいというイメージがあり、なかなか着手できない方もいるでしょう。

この記事では、アニメーションの種類5つと制作の流れ、2つの作り方を解説。

そのうえで、アニメーションを作れるソフトやアプリ、外部委託できる制作会社の情報を紹介しています。

最後まで読めば、初心者の方でもアニメーションの作り方がわかり、いますぐアニメを作ってみたくなるはずです。

1.アニメーションの5つの種類

アニメーションの作り方を学ぶ前に、基本の種類を把握しておきましょう。

  1. ホワイトボードアニメーション
  2. タイポグラフィアニメーション
  3. モーショングラフィックス
  4. キャラクターアニメーション
  5. インフォグラフィックアニメーション

アニメーションには複数の種類があり、それぞれ特徴があります。

1つずつアニメーションの種類を解説します。

(1)ホワイトボードアニメーション

ホワイトボードアニメーションとは、白い背景に手描きで文字を書き、物事を説明する様子を映像化したアニメです。

会議や授業でもよく使われるホワイトボードをモチーフとすることで、人の記憶に定着しやすく、また内容が伝わりやすくなります。

ホワイトボードアニメーションの作り方は、実際に手描きでホワイトボードに文字を書いたり消したりする様子を撮影し、編集する手法で制作可能です。

またはホワイトボードアニメーションの制作専用ソフトを使えば、直観的な操作のみで自主制作できます。

例えば名著を紹介するYouTube[明快チャンネル」は、ホワイトボードアニメーションで作られています。

動画を見ると具体的なイメージが掴めるので、ぜひ視聴してみてください。

(2)タイポグラフィアニメーション

タイポグラフィアニメーションとは、テキスト・ロゴを動かすアニメーションです。

多くの企業の告知・WebCMに活用される手法で、シンプルな背景に文字が浮き出るように動くことで、視聴者に対して大きなインパクトを与えます。

タイポフラフィアニメーションはイラストレーターなどのソフトで文字を組み、動画編集ソフトで動きをつけるだけでも作成できます。

YouTube動画で、タイポグラフィアニメーションのわかりやすい事例があったので紹介します。

文字を画面に表示させるだけで、インパクトのある映像が作れることがわかる動画です。

(3)モーショングラフィックス

モーショングラフィックスとは、文字・イラストなどの映像に動きをつけたアニメーションです。

人は動くものに注目する習性があるため、文字だけのアニメーションよりも強制視認性が高く、記憶に残りやすいアニメーション手法といえます。

また伝えられる情報量が多く、グラフィックと文字の双方を使って情報を伝達できる点も特徴です。

モーショングラフィックスを作るには、専用のアニメ制作ソフトを使います。

よりイメージを掴むために、YouTubeでおすすめの動画を紹介します。

動画のように文字とキャラクターやイラストを動かすだけで、視聴者を惹きつけるアニメーションを作成可能です。

(4)キャラクターアニメーション

キャラクターアニメーションとは、特定のキャラクターが登場して動くタイプの動画です。会社のマスコットキャラクターなどを動画に登場させ、CMやブランディング動画に活用されています。

親しみやすいキャラクターを動画に登場させることで、キャラクター自体のファンができたり、より動画を連続して視聴してもらう効果もあります。

例えば楽天カードのCMは、キャラクターアニメーションで作られています。

マスコットキャラクターであるパンダが踊ることで、視聴者を惹きつける仕組みです。

(5)インフォグラフィックアニメーション

インフォグラフィックアニメーションとは、伝えたい情報をグラフ・表などにまとめたグラフィックとテキスト・イラストを動かしたアニメーションを融合させたものです。

伝えたい情報を表やグラフで可視化することで、より視聴者にテーマを伝える効果があります。

また情報だけだと飽きてしまいがちな映像にアニメーションを付け加えることで、注目を集めて視聴時間を長くできるのも特徴です。

東京オリンピックの際にも、インフォグラフィックアニメーションが活用されていました。

難しい用語を含めた解説も、図表やイラストを取り入れることでよりわかりやすくなる良い事例です。

2.基本のアニメーションの作り方

基本的なアニメーションの作り方を解説します。

  1. シナリオの考案
  2. 絵コンテの作成
  3. 原画の作成
  4. 中割りの作成
  5. 編集ソフトによる動画化

今からアニメーションを作る方は、流れを把握して制作に取り組みましょう。

(1)シナリオの考案

アニメーションを作るにはまず、シナリオを考えます。

シナリオとは動画の流れや台詞を文字起こししたもので、アニメーションの屋台骨になるものです。

この段階で動画の長さやデザイン、イメージを決めておくとスムーズにイラストの作成ができます。

最初にしっかりシナリオを決めておくと、動画作りをスムーズに進められるので、一番時間をかけるべき部分です。

(2)絵コンテの作成

絵コンテとはアニメーションの元になる下書きのようなものです。

作品の大まかな流れを絵や文字に起こして、アニメーション動画の完成系がより具体的にイメージできるようにします。

4コマ漫画のように描いても良いですし、イラストと文字を混ぜて作っても良いでしょう。

絵コンテの時点で理想の動きやキャラクターのセリフなどを書き込んでおくと、動画編集に進む際に楽に作成できます。

(3)原画の作成

次に絵コンテを元にして、原画の作成を実施します。

アニメーションはコマ割りされた静止画を連続して写し、動画化することでキャラクターや文字などを動かします。

必要な原画の枚数は動作によって変わり、複雑な動きほど多くの原画が必要です。

例えば単純に歩行しているだけのアニメーションを作る場合は、足を前に出す動作の原画を2枚描き、その2枚を動画化で連続して映し出せば歩いているように見せられます。

反対にジャンプしているアニメーションを作る際は、飛び上がる時点の原画と到達地点の原画、さらに着地した様子の原画が必要です。

アニメーションの長さやイメージにもよりますが、どんな原画が何枚必要か考えてみましょう。

原画作成には専門的な知識が必要なため、本格的なキャラクターアニメーションを作りたい方は外部委託すると良いでしょう。

(4)中割りの作成

次に中割りを作成し、原画同士をスムーズに繋げます。

中割りとは原画と原画の隙間を繋ぐための絵です。

先ほど作成した原画を元にして、動きを滑らかに見せるための絵を描きましょう。

例えば歩く動画であれば、足を交互に出している2枚の絵の間に、3枚ずつほど足が動いている様子の絵を足すと、自然なアニメーションになります。

ジャンプの動画であれば、スタート・到達地点・着地の3枚の間に、それぞれ飛び上がっていくキャラクターの動きの変化を示す絵を入れると、自然なジャンプのアニメーションができるでしょう。

(5)編集ソフトによる動画化

原画と中割りを編集ソフトを使って動画にしましょう。

編集ソフトでは1コマの秒数を決め、その中に絵を配置していきます。

絵の配置が終わったら、キャラクターの声やサウンドエフェクト、BGMを挿入してアニメーションを完成させましょう。

以上が一般的なアニメ制作の簡単な流れです。

絵が描けない方やアニメーション制作の知識がない方には、難しく感じたかもしれません。

しかし今は初心者でも簡単にアニメーションを制作できるソフトなどが発売されています。

簡単にアニメーションを自主制作するツールも後から紹介するので、参考にしてください。

3.アニメーション動画を作る方法

アニメーション動画を作る方法は2つあります。

  1. 自主制作する
  2. 外部委託する

アニメーションは自作できますし、プロに依頼することもできます。

1つずつそれぞれの方法のメリットやデメリットを解説します。

(1)自主制作する

手間や時間をかけても問題ない方であれば、アニメーション動画を自主制作するのも良いでしょう。

イラストレーターソフトで原画を描き、編集ソフトで繋ぎ合わせればアニメーション動画の完成です。

また最近は、パワーポイントの容量でキャラクターを動かせる専用ソフトも販売されており、そのソフトを使えば絵画の技術などは要りません。

作りたい動画の種類やイメージに合わせて、ソフトを選べば初心者でもアニメーション制作は可能です。

アニメーションを自主制作するメリットは、外部委託費用をかけず、自分の理想のアニメーションを作れることです。

反面、初心者が取り組む場合は膨大な時間がかかり、また専用ソフトなどの初期投資が必要となります。

アニメーションの自主制作の方法は、以下の記事で解説しています。

(2)外部委託する

アニメーション制作のプロに外部委託する方法もあります。

プロのアニメーターが在籍している会社に依頼すれば、納得のいく品質のアニメーションを作れるでしょう。

会社ごとに得意なアニメーションのジャンルが異なるため、動画の制作目的などに合わせて企業選びをする必要があります。

外部委託するメリットは、アニメーション制作会社の豊富なノウハウで質の高いアニメーションを作ってもらえることです。

一方で外部委託は費用がかかる点がデメリットです。ただし、アニメーションの自主制作に必要な初期費用や作品制作にかかる時間的コストは節約できます。

アニメーションの制作を依頼できる会社は、以下の記事でまとめているので参考にしてください。

4.初心者がアニメーションを作る際に用意するもの

初心者がアニメーションを作るときに用意すべき3つのものを紹介します。

  1. スマホやタブレット
  2. PC
  3. 編集ソフト・アプリ

最低でもこの3つのツールは用意しておく必要があるため、自主制作を考えている方は揃えておきましょう。

(1)スマホやタブレット

アニメーションはスマホでも作れるので、スマートフォンを用意しましょう。

手元のスマートフォンのスペックが高ければ、そのまま手持ちのスマートフォンを使用できます。

手描きで作業したい方は、ペンタブレットがあると便利です。

タブレットに直接ペンで絵を描けるので、紙に描くのと変わらない感覚で原画を作り、そのままデジタル処理に回せます。

スマホ用のアニメーション制作アプリも多くリリースされているので、PCなどがない方はスマートフォンを使って動画制作すると良いでしょう。

(2)PC

PCがあった方が、より精度の高いアニメーションを作れます。

スマホやタブレット上での編集は可能ですが、作業はPCの方が圧倒的にしやすいでしょう。

動画ファイルは容量も大きめになるため、可能な限りスペックの高いPCをおすすめします。

(3)編集ソフト・アプリ

作成した原画を動画化するには、編集ソフトやアプリが必要です。

無料の編集ソフトやアプリもあるので、最初のうちは無料版でアニメーションを作ってみると良いでしょう。

編集ソフトやアプリによって、作りやすいアニメーションの種類が違うため、自分がどんなアニメーションを作りたいかイメージしてからソフトやアプリをダウンロードしてください。

5.アニメーション制作におすすめのツール・サービス

アニメーションを自主制作するのにおすすめのツールを紹介します。

  1. PCで作成する場合
  2. スマホで作成する場合
  3. 外部委託する場合

初心者でも扱いやすいツールを選んだので、参考にしてください。

1つずつPC・スマホ・外部委託の3パターンに分けて、解説します。

(1)PCで作成する場合

PCでアニメーションを自主制作するのにおすすめのツールは、以下の3つです。

  1. VYOND
  2. CLIP STUDIO PAINT
  3. ibisPaint

パソコンを使ってアニメ制作に取り組みたい方は、この3つの中から目的に合ったツールを選びましょう。

1つずつツールの概要を解説します。

#1:VYOND

VYONDはアニメーション作成に特化したクラウドサービスです。

豊富なテンプレートを組み合わせるだけで、プレゼンテーションに使うアニメーションを制作できます。

YouTubeの本要約チャンネルなどに活用されているので、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

操作感はパワーポイントににており、アニメーション制作初心者でも、直観的な操作でアニメーションが作れます。

もちろんオリジナルのイラストを取り込み、アニメ化もできるので、オリジナル画像を使ったアニメーションも制作可能です。

アメリカ初のソフトですが、日本語サポートも充実しているため使い勝手も良いのが特徴。

14日間の無料体験期間を利用して、使い勝手を確認してみると良いでしょう。

VYOND無料体験版

#2:CLIP STUDIO PAINT

CLIP STUDIO PAINT(通称クリスタ)は、プロのアニメーターや漫画家も使っているソフトウェアで、全世界で3,000万人以上のユーザーがいることでも知られています。

PC・タブレットなど複数の端末に対応しており、理想のイラストを自由に表現できます。

また世界中のユーザーがアップした10万点以上の素材を自由に利用でき、アニメーションにも利用可能です。

原画作成はもちろん、アニメーション機能を使えば原画の動画化もできます。

1つのツールで原画作成から動画化まで対応でき、手描きのように滑らかなイラスト・アニメーションを作れる点も魅力です。

アニメーション機能が搭載された「CLIP STUDIO PAINT EX」プランは、月額300円から利用できます。

安価で本格的なイラスト制作やアニメが作れるソフトなので、手描きでアニメを作りたい方は、ぜひ導入を検討してみましょう。

CLIP Studio Paint

#3:ibisPaint

ibisPaint(アイビスペイント)は、無料で使えるペイントソフトです。

1フレームあたりのコマ数を選択して、作成した原画を配置していくだけでアニメーションを作成できるので、初心者でもアニメが作りやすくなっています。

描いたイラストにフレームを追加して、次の動きの原画を描き込めるので、あらかじめ原画や中割りを作る必要はありません。

もちろんあらかじめ作成したイラストを複合させて、滑らかに動かすことも可能です。

PC版は2,350円でダウンロードでき、買い切りなのでコストも抑えられます。

簡単に手描きアニメーションを制作したい方は、ibisPaint(アイビスペイント)を検討してみましょう。

アイビスペイント

(2)スマホで作成する場合

次に、スマホでアニメーション作成できる便利なアプリを3つ紹介します。

  1. FlipClip
  2. Animation Desk
  3. Folioscope

スマートフォンで簡単にアニメ制作したい方は、この3つのアプリを使ってみましょう。

1つずつ説明します。

#1:FlipaClip

FlipaClipは、iOSまたはAndroid端末に対応したアニメーション制作アプリです。

シンプルなUIで操作しやすく、日本語に対応したチュートリアル動画も公開されているため、操作方法も覚えやすいでしょう。

アプリ上にプリセットで背景やキャラクターのイラストがあるので、素材を使って簡単にアニメ制作が可能です。

また自作のイラストをパラパラ漫画のように繋げることもでき、オリジナルアニメーションも作れます。

SNSとの連携も簡単で、作成したアニメーションをそのままYouTubeやTikTokへ投稿できる機能も便利です。

スマホ・タブレットに対応しているので、簡単にアニメーションを作りたい方は、ダウンロードしてみましょう。

App Store

Google Play

#2:Animation Desk

Animation Deskはフレームを分けたアニメーションを、直観的に作れるアプリです。

プロでも利用している人が多いアプリで、豊富なブラシ機能やレイヤーなど、滑らかにアニメーションを動かす機能が搭載されています。

動画や写真素材を利用して簡単にアニメーションが作れるので、自分で絵が描けない方でも簡単にアニメを制作できます。

基本的に無料で利用できますが、一部機能を解放するには有料機能へのアップグレードが必要なので注意してください。

App Store

Google Play

#3:Folioscope

Folioscopeは指でアニメーションを作れるのが特徴のアプリです。

GIF感がある可愛らしい動画を作成できるので、シンプルなアニメーションを作りたい人におすすめです。

ブラシや塗りつぶし機能など、基本的なアニメ制作に必要な機能を搭載しています。

また作成した動画をアプリ内のコミュニティで公開したり、SNSへ連携することも可能です。

App Store

(3)【補足】外部委託する場合

最後に自主制作ではなく外部委託を考えている人向けに、おすすめのアニメ制作会社を紹介します。

  1. Ad Arch
  2. PROOX
  3. 株式会社JITSUGYO

1つずつ会社概要を説明するので、外部委託を考えている方は参考にしてみましょう。

#1:Ad Arch

Ad Archは、動画プロデュースやマーケティングに特化したアニメーション制作会社です。

アメリカで映画制作事業をしていた会社が起こした企業で、多言語対応や外国向けの動画が作れる点が強み。

また国連や外務省からの依頼を受けて、動画制作などを実施するなど信頼性の高い企業です。

大企業からの制作依頼も請け負うなど実績豊富で、マーケティングについても相談できるため、総合的に動画を使ってビジネスを実施したい方におすすめです。

#2:PROOX

PROOXは、これまでに2,000社6,000本以上の動画制作実績をもつアニメ制作会社です。

これまで日本航空や雪印メグミルクなどの、大手企業の動画制作を請け負ってきた実績があり、ノウハウも豊富。

アニメーションやCG、VRなど最先端の技術を駆使したアニメーション制作を依頼できます。

1,000名以上のクリエイターとのネットワークを保有し、各工程をクリエイターに担当させることで、依頼費用を抑えられるのも嬉しいポイントです。

またYouTubeやTikTokの運用コンサルや代行サービスも実施しており、アニメ制作からSNS運用まで一任できます。

品質が高い動画を安価で依頼できるため、コスパよくアニメーション制作を依頼したい方におすすめです。

#3:株式会社JITSUGYO

「株式会社JITSUGYO」は「ツタアニ」というアニメーション動画制作サービスを運営しています。

豊富な広告手法のノウハウを活かして、人に伝わる動画を制作可能です。

結果につながるシナリオにこだわった制作が得意で、アニメ作りを土台からサポートしてくれます。

年間300本以上のアニメーション制作実績、さらに創業65年の広告ノウハウがあるため、動画の制作からマーケティングまで幅広く相談できるのが魅力です。

年間80件以上の取材を実施するなどヒアリング能力が高く、クライアントの要望を汲み取ったアニメ動画制作が可能。また国や官公庁との取引実績が豊富で、信頼できるアニメーション動画制作会社です。

また「ツタアニ」には公式認定資格保持者が在籍しており、動画広告運用のサポートまで対応できるので、動画制作後に収益化するまでサポートが受けられます。

動画制作だけ依頼して終わりではなく、伝えたい人に伝えるための広告運用まで全て支援してほしい、アドバイスが欲しい方はツタアニを検討してみましょう。

アニメーションの作り方を学び動画制作を始めましょう

アニメーションの作り方はまず構成やシナリオを考えた後に、原画や中割りを制作、その後編集ソフトで動画化します。

しかし、絵を描いたことがない人やアニメーション制作初心者にとって、原画や中割りの作成は難しいでしょう。

記事内で紹介したツールは、イラスト作成の知識がなくてもアニメーション制作ができるもの、イラストを描いて簡単に動画化できるものばかりです。

絵を描くのが好きな人はもちろん、初めてアニメを作る人にもおすすめなので、ぜひ使ってみてください。

また自主制作が難しいと感じた方は、紹介したおすすめのアニメーション制作会社への依頼も検討してみましょう。

アニメーション制作のプロに任せれば、質が高いアニメ動画を作れるだけでなく、広告運用についてのサポートも受けられます。

記事の内容を参考にして、アニメーションの作り方を学び、理想の動画を作りましょう。


御社の魅力を伝えるアニメーションの制作なら「ツタアニ®」

ツタアニは、今年で創業65年目の広告会社である株式会社JITSUGYOが運営するアニメーション制作サービスです。

アニメーション制作は参入障壁が低く、社歴が短い会社やシェアオフィスで運営している会社が多いのが現状です。そんな中でも、弊社は2023年で66期目になり一般企業だけでなく、国や地方自治体、大学、著名人といったお客様との取引も多数ございます。

年間80件以上の対面取材、プロポーザル参加件数年間14件で勝率70%以上など、65年以上続く広告会社であり伝えることのプロだからこそ、誇れる実績が多数ございます。65年以上続く広告会社だからこそできる圧倒的なシナリオ作成力で、営業から取材、制作、広告運用まで一気通貫したサービスをご提供いたします。

アニメーションは作って終わりではなく、その後の商品やサービス、会社の認知や採用など、認知拡大やマーケティング部分までサポートできるのが弊社の魅力です。Google広告公式認定資格保持者も社内に在籍していますので、専門的でより効果的な施策を実施することが可能です。

アニメーション制作をご検討中の企業担当者様は、株式会社JITSUGYOが運営するツタアニ®に、ぜひ一度ご相談ください。

制作の依頼・相談
ツタアニ編集部

ツタアニ編集部

年間300本以上の動画制作実績を誇るツタアニの編集メンバー。動画を使ったマーケティングについて、老舗広告会社の視点から解説します。

記事を
シェアする

TwitterTwitterでシェア FacebookFacebookでシェア LINELINEでシェア RSSRSS

\ 老舗の広告会社が運営する /

実績豊富なアニメーション制作ならツタアニ®にお任せください

伝えることのプロだからこそ、圧倒的なシナリオ力で高品質なアニメーション制作を行います。
営業から取材、制作まで、65年で蓄積されたノウハウを基に、社内で一気通貫したサービスをご提供いたします。