コラム

COLUMN

採用動画のスゴイ効果6選!効果を高めるポイントと3つの事例を紹介


「採用動画で得られる効果って何?」
「効果的な採用動画の運用方法は?」

採用動画は多くの企業に取り入れられており、自社でも採用動画を使って人材を確保したいと考えている人事担当の方は多いでしょう。

しかし、具体的な効果が言語化できず、上層部への申請ができないと困っていませんか?

この記事では、採用動画で得られる6つの効果やメリット、効果の高い採用動画の制作・運用方法、効果があった採用動画の実例を紹介します。

最後まで読めば、採用動画の効果を把握し人材をどんどん確保できる採用動画を作れるでしょう!

1.採用動画で得られる6つの効果・メリット

採用動画で得られる6つの効果やメリットを説明します。

  1. 多くの情報を短時間で伝える
  2. 自社認知の拡大
  3. ブランディング
  4. 入社後の自分をイメージしやすい
  5. 採用プロセスの効率化
  6. 多様な運用方法

若者へリーチしやすい採用動画で、人材を獲得しましょう。

(1)多くの情報を短時間で伝える

採用動画の効果は、短時間で多くの情報を伝えられることです。

従来の人材獲得方法では、リーフレットなどのテキスト媒体が用いられていました。

しかし、テキスト媒体と比較して動画媒体は5,000倍もの情報を伝えられるといわれています。

また、最近の若者はTikTokなどのショート動画の影響で、効率的に情報を得ることに慣れています。

若者に自社の情報を得てもらうためには、採用動画を使うのが効果的です。

(2)自社認知の拡大

従来の人材確保方法では、自社に明確に興味や関心を抱いている人にしか情報がリーチしませんでした。

リーフレットやカンファレンスは、その企業をすでに認知している人が能動的に情報を得ようとしなければ手に入らないからです。

しかし、動画はSNSやYouTubeなどのプラットフォームを使えば、不特定多数の人へリーチできます。

自社へ興味を持っていない人が動画から自社を知り、求人に応募してくる可能性もあるでしょう。

採用動画には自社の認知を拡大し、潜在的な求職者からの応募を引き出す効果があります。

(3)ブランディング

採用動画によって、自社のブランディングを高められます。

動画は言語化しにくい自社のイメージを明確に伝える効果があるからです。

例えば自社のブランディングをテーマにした採用動画を公開すれば、見た人に「この企業は、こんな理念を持ってるんだ」と伝えられるでしょう。

ブランディングができるという点でも、採用動画は有効です。

(4)入社後の自分をイメージしやすい

採用動画は求職者にとって入社後の自分をイメージしやすいというメリットがあります。

テキスト媒体では、求職者に自分が入社した後の働き方やライフスタイルを明確に想像させるのは難しいでしょう。

一方で動画を用いて新入社員の1日をアニメーション動画化したり、社員インタビューを公開すれば、より求職者が未来の自分を思い描きやすくなります。

(5)採用プロセスの効率化

採用動画の制作によって、採用プロセスを効率化できます。

採用動画を一度制作すれば、何度も再利用できるからです。

何度も説明会を開いたり、資料を作る必要はなくなります。

大きな会社の体制変更がない限り、一度作った採用動画を再利用して、人事の手間を省きましょう。

採用動画制作の手間自体も、外注によって効率化できます。

自社リソースに余裕がない、時間的に採用動画の制作が間に合わない場合は、採用動画制作会社へ依頼しましょう。

採用動画の制作会社については、以下でまとめていますので、ご覧ください。

(6)多様な運用方法

採用動画はテキスト主体の資料と違い、多様な運用ができます。

自社サイトへの掲載はもちろん、各種SNSでの拡散やYouTubeからのオーガニック流入も狙える点がメリットです。

さまざまな運用方法を試して、人材獲得ルートを広げられる点が採用動画の効果です。

2.効果の高い採用動画のポイント

効果的な採用動画を作るポイントを6つ紹介します。

  1. 求職者が知りたい情報を入れる
  2. 視聴後の行動を想定したシナリオ
  3. 社内の様子を実写で見せる
  4. 理想の会社像を伝える
  5. SNSを活用する
  6. トレンドを意識する

採用動画を作る際はこのポイントを意識して制作しましょう。

1つずつ内容を解説します。

(1)求職者が知りたい情報を入れる

採用動画は求職者が知りたい情報を第一に入れましょう。

新卒・中途採用向けの動画で共通する知りたいことは、会社での待遇や条件、働き方です。

そのほか、オフィスの綺麗さや先輩社員の人柄なども知りたい情報に含まれます。

自分が求職者の立場に立ち、企業の採用動画で何を得たいか想像して採用動画を制作しましょう。

(2)視聴後の行動を想定したシナリオ

採用動画を見た後に、視聴者にとって欲しい行動を想定してシナリオを練りましょう。

視聴後に求職者が自社の求人募集情報をチェックし、申し込みしてもらうのが採用動画の目的のはずです。

そのためには、求職者が行動を起こしたくなる会社の魅力を余さず動画で伝える必要があります。

起承転結のある構成を考えて、視聴者の感情を動かして行動に繋げるように採用動画のシナリオを作ってみましょう。

(3)社内の様子を実写で見せる

採用動画では、社内の様子を実写で見せましょう。

アニメーション主体の採用動画でも、社内の様子は動画や写真を入れ込むのがおすすめです。

若者はオフィスの綺麗さや雰囲気など、実情を知りたいと思っています。

実際に最近の採用動画では、社内見学がトレンドに上がっており、社内の雰囲気への関心度の高さがわかります。

採用動画を作る際は、社内の様子を実写で動画に入れてください。

(4)理想の会社像を伝える

採用動画では、自社が理想とする会社像を伝えるようにしましょう。

ブランディングと理念を伝え、共感する求職者を集めるためです。

採用動画に求職者の欲しい情報と企業側のメッセージを伝えることで、求職者に「あなたが必要だ」とアピールできます。

自社のブランディングプランを考えて、目指す企業像を採用動画に入れ込みましょう。

(5)SNSを活用する

採用動画の運用には、SNSを活用しましょう。

自社サイトに掲載している場合、あくまで自社を認知している人にしか視聴してもらえません。

その点SNSなら、自社に関心がなく認知していない人も動画を見る確率が上がります。

拡散性の高いSNSを利用して、より多くの求職者に自社を認知してもらいましょう。

SNSで採用動画を運用する方法は、以下の記事で説明しています。

(6)トレンドを意識する

採用動画のトレンドを意識して、新鮮な印象の動画を作りましょう。

平凡な会社紹介の動画はやや退屈な印象があり、若者から魅力的に見えない可能性があります。

特に最近は中小から大手まで採用動画を取り入れており、動画の出来栄えで会社のイメージが大きく変わる時代です。

トレンドを反映した動画を使い、求職者が魅力的だと思える採用動画を制作しましょう。

採用動画のトレンドや実例については以下の記事で解説しています。

3.印象に残る効果的な採用動画の事例3選

求職者の印象に残る効果的な採用動画の事例を3つ紹介します。

  1. 日本産興株式会社
  2. 光洋工業株式会社
  3. ロフト

上記3つの採用動画は、求職者からの反応も良い成功事例です。

1つずつ内容を解説します。

(1)日本産興株式会社

『日本産興株式会社』は、空調設備工事をおこなう会社です。

採用動画としてアニメーションと実写を混ぜた、印象的な採用動画を公開しています。

自社社員をモチーフとしたキャラクターを登場させ、軽快なBGMと端的に会社の目標・企業内容を説明した1分ほどの動画です。

ショート動画風の作りなので若者も抵抗なく視聴でき、メッセージも大きなフォントテキストで表示させることで、より伝わりやすく作られています。

(2)光洋工業株式会社

『光洋工業株式会社』は、ガス・電気工事をおこなう企業です。

ユニークなアニメーションを用いて、上司をキャラクター化し、親しみやすい雰囲気を演出しています。

職人の多い職場は上下関係が厳しいなど、若者にとってはややとっつきづらい印象がありますが、アニメーションを活用したことでそのイメージを払拭。

短時間で企業案内をまとめ、端的に若者に自社の魅力をアピールできる採用動画の事例です。

(3)ロフト

『ロフト』では、採用動画にトレンドの座談会形式を採用しています。

社員たちが集まり、『ロフト』の魅力や働き方、1日のスケジュールなどについて話し合う企画が動画化されています。

求職者は動画を通じて先輩社員の顔や働いている人の生の口コミを知ることができる仕組みです。

また、1日の仕事スケジュールを話すパートではスケジュールをアニメーション動画で挿入するなど、動画とアニメーションを融合させています。

トレンドを反映させた採用動画の良い事例なので、ぜひ参考にしてみましょう。

効果の高い採用動画で優秀な人材を募集しましょう!

採用動画は若者にとって効率的に情報を得られ、また潜在的な求職者へリーチする可能性がある求人手法です。

また動画内容によってはブランディングが可能など、採用動画にはさまざまなメリットがあります。

採用動画を取り入れている企業は非常に多く、他社との差別化のためにもトレンドの反映や求職者目線でのシナリオ作りは欠かせません。

自社で採用動画を作るのが難しいと考えている人事担当の方は、採用動画の制作会社への依頼もおすすめです。

実際に記事で紹介した採用動画の事例も参考にして、効果の高い採用動画を制作しましょう!


御社の魅力を伝えるアニメーションの制作なら「ツタアニ®」

ツタアニは、今年で創業65年目の広告会社である株式会社JITSUGYOが運営するアニメーション制作サービスです。

アニメーション制作は参入障壁が低く、社歴が短い会社やシェアオフィスで運営している会社が多いのが現状です。そんな中でも、弊社は2023年で66期目になり一般企業だけでなく、国や地方自治体、大学、著名人といったお客様との取引も多数ございます。

年間80件以上の対面取材、プロポーザル参加件数年間14件で勝率70%以上など、65年以上続く広告会社であり伝えることのプロだからこそ、誇れる実績が多数ございます。65年以上続く広告会社だからこそできる圧倒的なシナリオ作成力で、営業から取材、制作、広告運用まで一気通貫したサービスをご提供いたします。

アニメーションは作って終わりではなく、その後の商品やサービス、会社の認知や採用など、認知拡大やマーケティング部分までサポートできるのが弊社の魅力です。Google広告公式認定資格保持者も社内に在籍していますので、専門的でより効果的な施策を実施することが可能です。

アニメーション制作をご検討中の企業担当者様は、株式会社JITSUGYOが運営するツタアニ®に、ぜひ一度ご相談ください。

制作の依頼・相談
ツタアニ編集部

ツタアニ編集部

年間300本以上の動画制作実績を誇るツタアニの編集メンバー。動画を使ったマーケティングについて、老舗広告会社の視点から解説します。

記事を
シェアする

TwitterTwitterでシェア FacebookFacebookでシェア LINELINEでシェア RSSRSS

\ 老舗の広告会社が運営する /

実績豊富なアニメーション制作ならツタアニ®にお任せください

伝えることのプロだからこそ、圧倒的なシナリオ力で高品質なアニメーション制作を行います。
営業から取材、制作まで、65年で蓄積されたノウハウを基に、社内で一気通貫したサービスをご提供いたします。