コラム

COLUMN

採用動画を制作会社に依頼すべき4つの理由|おすすめの制作会社も紹介


「採用動画を制作会社に依頼すべきか迷ってる」
「信頼できる採用動画の制作会社はどこ?」

信頼できるプロに採用動画の制作を任せれば、質が高く優秀な人材が獲得できる採用動画を作れます。

しかし、いざ依頼しようと思っても費用対効果が高いかわからないなど迷っている方もいるでしょう。

この記事では、採用動画を制作会社に任せるべき4つの理由と採用動画の制作会社の選び方、おすすめの制作会社を紹介します。

最後まで読めば、採用動画を制作会社へ依頼すべきメリットがわかり、すぐにでも外注したくなるはずです。

1.採用動画を制作会社に任せるべき4つの理由

採用動画を動画制作会社へ任せるべき4つの理由を解説します。

  1. 求職者に刺さる動画ノウハウ
  2. 採用動画の最新トレンドを熟知
  3. アニメーション・実写など多様な動画作りが可能
  4. 動画運用方法についてもサポート

費用をかける価値がある理由がわかるでしょう。

1つずつ説明します。

(1)求職者に刺さる動画ノウハウ

採用動画を制作会社に任せるべきなのは、制作会社が求職者に刺さる動画作りのノウハウを持っているからです。

制作会社はクライアントから要望をヒアリングし、動画の構成から撮影・編集まですべて任せられます。

求職者に刺さるための要素として必要なのは、シナリオです。

シナリオに説得力がなければ、動画自体の見た目が良くても求職者に刺さりません。

制作会社は多数の動画作りを経験しているため、どのような動画が視聴者に見てもらえるか、シナリオ作りの段階から考案してくれます。

(2)採用動画の最新トレンドを熟知

動画制作の専門家である制作会社には、採用動画のトレンド情報が集まってきます。

一般的な企業は知らないような手法、技術を取り入れられるので、求職者の目を引く動画作りが可能です。

トレンドを反映した動画作りができないと、求職者から見て古臭くみえ、魅力的な企業に見えません。

魅力的な採用動画を作るためにも、最新トレンドを熟知した制作会社へ依頼すべきです。

採用動画のトレンドについては、以下の記事をご覧ください。

(3)アニメーション・実写など多様な動画作りが可能

制作会社はアニメーション・実写など、さまざまなジャンルの動画作りが可能です。

一般的な企業では、多彩な撮影方法を取り入れるのはやや難しいでしょう。

一方で制作会社は撮影設備やアニメーション制作のツールなどが揃っており、クライアントの要望に合わせて、多様な手法で採用動画を作れます。

平凡な採用動画にしないためにも、さまざまな手法で採用動画が作れる制作会社へ依頼しましょう。

(4)動画運用方法についてもサポート

採用動画制作後も、制作会社なら動画運用サポートもしてくれます。

ただ採用動画を作り、自社ホームページに掲載するだけでは、自社に興味を持っている人にしか見てもらえません。

制作会社のサポートを受ければ、YouTubeやSNSでの運用アドバイスなどももらえ、求職用のチャンネル運営も任せられます。

採用動画の制作だけでなくサポートもしてもらえる点で、制作会社への依頼がおすすめです。

2.採用動画制作の依頼費用

採用動画制作を外注するにあたり、最も気になる依頼費用について説明します。

  1. 会社紹介動画
  2. インタラクティブ動画
  3. ドキュメンタリー動画
  4. インタビュー動画
  5. アニメーション動画
  6. 社内見学動画

予算的に問題なく制作を依頼できるか、相場を見て判断しましょう。

制作する採用動画の種類別に、予算相場を説明します。

(1)会社紹介動画

一般的な会社紹介動画は、30〜50万円程度で制作できます。

採用動画でも最もオーソドックスなスタイルで、会社周辺の動画や社員の簡単なインタビューなどを取り入れたものです。

5分以内の短い採用動画であれば、安価に制作依頼できます。

(2)インタラクティブ動画

インタラクティブ動画とは、動画内に選択肢を表示させ、視聴者にタップやクリックをさせて動画を先に進めていく、ゲームのような動画です。

インタラクティブの構築費用は10万円程度で、そこにインタビュー動画などの撮影代が加算されます。

例えば、社員インタビュー3名の動画をインタラクティブ形式で表示させる場合は、インタビュー動画の撮影費用30万円(1名10万円と仮定)に10万円が加算され、合計で40万円程度です。

(3)ドキュメンタリー動画

ドキュメンタリー動画とは、社員の1日に密着して仕事の様子などを撮影した動画です。

密着動画は撮影日数がかかる場合が多いため、費用は50〜200万円程度と高額になります。

特に数日社員に密着した場合は、その分の人件費や機材費がかかるため200万円以上かかる場合もあるでしょう。

(4)インタビュー動画

社員へのインタビュー動画は、10〜30万円程度で作成できます。

簡単なインタビューのみなら10万円程度、質問数が多く尺が数分以上と長くなる場合は30万円程度です。

(5)アニメーション動画

アニメーション動画の制作相場は、アニメーションの種類によって違います。

ビジネスアニメーションでよく用いられる手書き風アニメーション・ホワイトボードアニメーションは、10〜50万円程度で作成可能です。

予算を抑えて採用動画を制作したいなら、アニメーション動画をおすすめします。

手書き風アニメーションについては、以下の記事も併せて読んでみてください。

(6)社内見学動画

社内見学動画は、50〜100万円程度で制作できます。

会社の入り口から社内の様子などを撮影するため撮影時間が長くなるためです。

また、動画の尺が10分程度と長くなるため編集費用も高額になる傾向があるでしょう。

3.採用動画を制作会社に依頼する流れ

採用動画を制作会社へ依頼する流れを解説します。

  1. 制作会社の選定
  2. 打ち合わせ
  3. 見積もりの提示
  4. 原案の提案
  5. 発注
  6. 撮影・アニメーション制作
  7. チェック・修正
  8. 納品

採用が始まる前に余裕を持って制作会社へ依頼しましょう。

1つずつ依頼の流れを解説します。

(1)制作会社の選定

まず採用動画制作を依頼する制作会社を探しましょう。

選ぶ際は採用動画の実績本数や取引会社の多さと内容を確認してください。

何社か候補を出して比較したうえで、最終的に依頼する制作会社を決めましょう。

(2)打ち合わせ

次に、制作会社の担当者と打ち合わせします。

自社でリクエストしたい採用動画の種類や内容が決まっているなら、その旨を伝えてください。

詳細にイメージを伝えるほど、理想的な採用動画を制作してもらえます。

(3)見積もりの提示

打ち合わせの内容を参考に、制作会社から見積もりが提示されます。

予算を確認し、適切であれば次のステップへ進みましょう。

(4)原案の提案

次に制作会社から、採用動画の原案を提案されます。

シナリオや動画のビジュアルなどを確認し、問題ないかチェックしましょう。

(5)発注

原案に問題なければ、いよいよ発注です。

採用動画の制作委託契約書を締結します。

(6)撮影・アニメーション制作

発注が決まったら、制作会社にて撮影・アニメーション制作が始まります。

インタビュー動画などを発注した場合は、自社社員のインタビュースケジュールなどを調整して、撮影に協力しましょう。

アニメーション制作の場合は、制作チームにてアニメーションを作成していきます。

(7)チェック・修正

最終的に完成した採用動画がクライアントへ送られますので、内容をチェックしましょう。

気になる部分があれば、制作会社へ修正依頼をかけてください。

制作会社によりますが、契約に応じてリテイクできる回数の上限まで修正をかけられます。

(8)納品

最終チェックが終わり、採用動画が完成したら納品となります。

制作のみを依頼した場合は、自社で動画をホームページやSNSなどに自分で掲載して運用します。

採用動画の運用サポートまで任せられる企業を選定した場合は、制作チームにてYouTubeチャンネルの運用などを開始し、求職者にリーチするようにします。

4.採用動画制作を任せる会社の選び方

採用動画制作を任せる会社の選び方のポイントを4つ紹介します。

  1. 実績の豊富さ
  2. 取引先企業の規模
  3. 過去の制作事例のチェック
  4. サポートの幅広さ

初めて採用動画を制作会社へ依頼する方は、どのような会社が適切かわからないはずです。

1つずつ制作会社の選び方を説明するので、このポイントを意識して選びましょう。

(1)実績の豊富さ

採用動画制作を任せる会社を選ぶ際は、実績の豊富さを重視しましょう。

実績が豊富な会社は編集ノウハウを蓄積しており、また動画運用のコツも知り尽くしています。

制作会社のホームページを見て、実績ページを確認してください。

(2)取引先企業の規模

制作会社の取引先一覧をチェックし、取引先の規模を確認しましょう。

取引先の規模が大きい会社は信頼性が高く、またクオリティの高い動画制作ができる会社です。

大手企業は資金力もあるため、自社で動画制作を依頼する際は質を重視して制作会社を選ぶからです。

また官公庁との取引は信頼と実績ある企業しかできないため、制作会社の信頼性の担保になるでしょう。

必ずホームページの取引先一覧を確認し、取引先企業の規模などを確認してください。

(3)過去の制作事例のチェック

制作会社が掲載している、過去の採用動画事例も確認しましょう。

実績が1件も掲載されていない会社は、あまり経験がない可能性があります。

実績内容を見てその会社がどんな動画が得意か、自社の理想の採用動画を作れるか判断しましょう。

(4)サポートの幅広さ

制作会社を選ぶ際は、動画制作だけでなくその他のサポートについても確認しましょう。

動画制作の部分だけ依頼となると、シナリオの提案や動画の運用については依頼できません。

自社で動画の運用まで実施するのはリソース的にも難しいので、可能ならYouTube運用も任せられる会社がおすすめです。

動画運用なども含めて、サポートが手厚い会社を選ぶと良いでしょう。

5.採用動画制作を依頼できる会社3選

採用動画制作を依頼できる3つの会社を紹介します。

  1. ツタアニ®️
  2. PROOX
  3. Crevo株式会社

1つずつ内容を解説しますので、採用動画制作を依頼したい方は参考にしてください。

(1)ツタアニ®️

ツタアニ®️』は創業65年以上の広告会社である株式会社JITSUGYOが運営する、アニメーション制作代行サービスです。

年間300本以上の動画制作実績をおこなっています。また、オフライン・オンラインを合わせて300件以上の取材を実施しています。

広告会社のノウハウを活かし、クライアントの意向と視聴者の目線から見た必要な情報を組み合わせた、視聴後に応募したくなる採用動画を制作します。

また「ツタアニ」では、奈良県をはじめとした自治体や官公庁、大手企業との取引も多数あります。

さらに強みとなるポイントが、動画制作だけでなく専門資格を持つ担当者によるYouTube運用サポートです。

採用チャンネルの作成・運用まで全て任せられるため、効率的に採用を行えます。

(2)PROOX

PROOXは、2,000社以上の取引先を抱え、累計で6,000本以上の動画制作実績をもつ制作会社です。

プロジェクト実績が非常に多く、採用動画の戦略構築から運用までワンストップで依頼できます。

楽天やCanonなどの大手企業からスタートアップ企業まで、幅広い企業との取引実績があります。

実写・アニメーション双方で採用動画を制作できるので、まずは問い合わせから始めてみると良いでしょう。

(3)Crevo株式会社

Crevo株式会社は、創業11年目の動画制作会社です。

累計で2,000社以上10,000件以上の動画制作を担当しており、制作実績が非常に多い会社です。

花王やモスバーガーなどとの大手企業との取引実績もあり、信頼性も高いです。

採用動画制作にも力を入れており、人材業界出身者を組み込んだチームを編成して動画制作を担当させています。これまでに4,000件以上の採用動画を制作、採用動画のリピート率も7割以上と評判の良い会社です。

動画制作会社に採用動画を発注してみましょう

採用動画を使って人材確保しようと考えている企業担当の方は、制作会社への依頼をご検討ください。

自社で採用動画を制作することはできますが、やはりプロの編集技術や構成は真似できないもの。

採用動画は求職者の心に響く内容であることが必須条件であるため、技術の高いプロに任せることをおすすめします。

これから採用動画を制作会社へ依頼したいと考えている方は、実績数や取引先の規模、運用サポートの範囲などを参考にしてください。

適切な制作会社に採用動画を外注し、自社に貢献してくれる優秀な人材を獲得しましょう!


御社の魅力を伝えるアニメーションの制作なら「ツタアニ®」

ツタアニは、今年で創業65年目の広告会社である株式会社JITSUGYOが運営するアニメーション制作サービスです。

アニメーション制作は参入障壁が低く、社歴が短い会社やシェアオフィスで運営している会社が多いのが現状です。そんな中でも、弊社は2023年で66期目になり一般企業だけでなく、国や地方自治体、大学、著名人といったお客様との取引も多数ございます。

年間80件以上の対面取材、プロポーザル参加件数年間14件で勝率70%以上など、65年以上続く広告会社であり伝えることのプロだからこそ、誇れる実績が多数ございます。65年以上続く広告会社だからこそできる圧倒的なシナリオ作成力で、営業から取材、制作、広告運用まで一気通貫したサービスをご提供いたします。

アニメーションは作って終わりではなく、その後の商品やサービス、会社の認知や採用など、認知拡大やマーケティング部分までサポートできるのが弊社の魅力です。Google広告公式認定資格保持者も社内に在籍していますので、専門的でより効果的な施策を実施することが可能です。

アニメーション制作をご検討中の企業担当者様は、株式会社JITSUGYOが運営するツタアニ®に、ぜひ一度ご相談ください。

制作の依頼・相談
ツタアニ編集部

ツタアニ編集部

年間300本以上の動画制作実績を誇るツタアニの編集メンバー。動画を使ったマーケティングについて、老舗広告会社の視点から解説します。

記事を
シェアする

TwitterTwitterでシェア FacebookFacebookでシェア LINELINEでシェア RSSRSS

\ 老舗の広告会社が運営する /

実績豊富なアニメーション制作ならツタアニ®にお任せください

伝えることのプロだからこそ、圧倒的なシナリオ力で高品質なアニメーション制作を行います。
営業から取材、制作まで、65年で蓄積されたノウハウを基に、社内で一気通貫したサービスをご提供いたします。