コラム

COLUMN

採用動画の制作方法とは?最新トレンドや効果を高めるコツ


「採用動画の制作は自社でもできる?」
「そもそも採用動画って、どんな構成にしたら良いの?」

多くの企業が取り入れている採用動画は、多くの情報を求職者に伝える効果があり、また一度作れば何度でも利用できる点もメリットです。

しかし、採用動画を作るとなるとハードルの高さを感じている企業担当の方も多いでしょう。

そこでこの記事では、採用動画の概要と有用性について、採用動画のトレンドと制作方法、効果を高めるコツと実際の事例を紹介します。

最後まで読めば、採用動画制作の知識がつき効果の高い人材採用向け動画を制作できます。

1.採用動画の概要と有用性

採用動画の概要や有用性について解説します。

  1. 採用動画とは
  2. 採用動画が求人に有効な理由

人材獲得のために採用動画を制作したい方は、まず概要やメリットを理解しましょう。

(1)採用動画とは

採用動画とは、新卒や中途採用のために制作する実写・アニメーション動画です。

アニメーション動画では、VYOND (ビヨンド)を用いた手書き風アニメーション、ホワイトボードアニメーションが人気となっています。

(2)採用動画が求人に有効な理由

多くの企業が採用動画を自社求人に活用し始めたのは、若者がテキストよりも動画を好んで見る傾向があるからです。

SNSや動画プラットフォームの普及により、動画での情報収集が一般的となりました。

若者世代は効率よく情報を知りたい傾向にあり、テキストをじっくり読んで企業情報を得るよりも動画で情報を集める方が馴染んでいます。

また動画自体が、テキストよりも情報伝達に適しているのも、採用動画が好まれる理由です。

テキストに比べて、動画が伝えられる情報量は5,000倍とも言われており、短時間の動画で自社の会社概要や働き方、募集要項などを伝えられます。

実際に働くオフィスの様子や先輩社員の写真や動画を組み合わせれば、資格的に求職者が欲しい情報を見せられる点もメリットです。

2.近年の採用動画のトレンド

2023年時点での採用動画のトレンドを紹介します。

  1. 親しみやすいアニメーション
  2. 社員のインタビュー動画
  3. 職場の実態を伝える

近年の採用動画は、上記3つを重視する傾向にあります。

1つずつ内容を説明するので、自社採用動画にトレンドを取り入れましょう。

(1)親しみやすいアニメーション

採用動画のトレンドは、親しみやすいアニメーションです。

アニメーションはテキストや実写動画よりもカジュアルで、親しみを持ちやすい点がメリット。

また人は動くものに注目する習性があるため、アニメーション内でキャラクターが動く様子に惹きつけられ、継続視聴時間を伸ばす効果もあります。

会社遠隔の説明などは堅くなりがちですが、アニメーションを活用すればより自社に親近感を持ってもらえる採用動画が作れるでしょう。

(2)社員のインタビュー動画

社員のインタビュー動画も、採用動画でトレンドとなっています。

最近は口コミ文化が定着しており、実際に働いている社員の生の声は、求職者から重要視されるからです。

口コミ文化が定着しているので、社員の口コミとなるインタビューは重要視される傾向にあります。

特に求職者と年齢の近い入社数年以内の社員のインタビュー、座談会動画を取り入れる企業が多いです。

(3)職場の実態を伝える

採用動画では、職場の実態をリアルに伝えるタイプの動画がトレンドになっています。

最近の若者はSNSなどでブラック企業について見聞きしており、企業の実態に非常に敏感です。

そのため、求人募集情報だけでは求職者には刺さらず、企業の労働環境や先輩社員の態度などを知りたいと思っています。

求職者が欲しい情報を掲載する観点からも、最近は実際の職場の動画や社員の1日ルーティンなどを動画化し、採用動画として公開する企業が多いです。

採用動画のトレンド情報については、以下の記事も参考にしてください。

3.採用動画の制作方法

採用動画の制作方法は以下の2つです。

  1. 人事部で自主制作
  2. 制作会社へ依頼

求人向けのアニメーションや動画を作ろうと考えている人事担当の方は、制作方法を参考にしてください。

(1)人事部で自主制作

採用動画は人事部内のリソースで自主制作できます。

最近は動画編集ソフトやアニメーション制作ソフトが流通しており、比較的簡単に動画作成が可能です。

例えば、インタビュー動画であればカメラを用意して撮影し、編集を加えれば制作できます。

アニメーションで採用動画を制作する場合は、VYONDなどのアニメーション制作ソフトを使えば、パワーポイントのような要領で制作が可能です。

他にもアニメーション制作ソフトは多数流通していますが、VYONDはビジネスアニメーションに特化しているため、採用動画におすすめです。

VYONDでアニメーションを自主制作する方法は、以下の記事でまとめています。

(2)制作会社へ依頼

採用動画はアニメーションや動画制作会社へ依頼し、制作を代行してもらえます。

動画制作会社に依頼すれば、自社リソースを使わずに採用動画を制作可能です。

採用動画の尺にもよりますが、数分のインタビュー動画は10〜30万円程度、社内風景などを含む紹介動画は30〜80万円程度、社員への密着動画を撮影する場合は80〜200万円程度が相場となります。

また、アニメーション動画の場合はホワイトボードアニメーションで50万円程度が相場です。

費用はかかりますが、動画制作会社は動画制作のプロであり、優れたシナリオ作成や編集技術を活かした質の高い動画を制作できます。

特に採用動画は求職者のニーズを掴み、自社のメッセージを効果的に入れ込まなければなりません。

自社での採用動画制作は可能ですが、想定より時間がかかったり、シナリオの甘さから伝えたいことが視聴者に伝わらないデメリットがあります。

動画制作会社は多数の動画制作の実績から、ヒアリング能力や視聴者ニーズの分析力に優れています。

株式会社JITSUGYOが運営するアニメーション制作代行サービス『ツタアニ®️』は、視聴者ニーズを汲み取り視聴後に思わず応募したくなるアニメーション作りが可能です。

官公庁や大手企業と多数の取引実績があり、さまざまな企業の採用動画やPR動画を手掛けています。

運営元の株式会社JITSUGYOは創業65年以上の広告会社で、短時間でも相手に刺さるシナリオ作りを得意としている企業です。

自社採用動画で人材確保を効果的に行うためにも、『ツタアニ®️』のような実績豊富なアニメーション制作サービスを利用しましょう。

アニメーションで採用動画制作を依頼できるアニメーション制作会社については、こちらの記事でまとめて紹介しています。

4.採用動画の効果を高めるコツ

採用動画の効果を最大化するには、以下3つのコツを意識しましょう。

  1. 求職者に伝えるメッセージを明確化させる
  2. 求職者が求める情報を入れ込む
  3. トレンドを反映させる

自社で採用動画を制作するときは、この3つを取り入れて効果的な採用動画にしてください。

1つずつ内容を説明します。

(1)求職者に伝えるメッセージの明確化

採用動画の効果を最大限にするには、求職者に伝えるメッセージを明確にしましょう。

動画の軸となるメッセージは1つないしは2つ程度に絞り込み、散漫な印象にならないようにしてください。

例えば、求職者に対して自社のホワイトな環境を意識したい場合は、労働環境の良さを軸にした採用動画のシナリオを考えましょう。

1つの動画に複数のテーマを入れると、この企業の特性が読者に伝わりにくくなるため、最も伝えたいことを軸に採用動画を作ってください。

(2)求職者が求める情報を入れ込む

採用動画には、求職者が求める情報を必ず入れましょう。

冒頭でも紹介したように、求職者が気になるのは給与や福利厚生の情報はもちろん、従業員からの口コミや実際に働くオフィスの好感度、企業の実態です。

自社で働いている社員の声を取り入れたり、オフィスの様子や業務の様子を動画化して、企業実態をリアルに感じさせる動画を作りましょう。

求職動画には自社が伝えたいメッセージだけでなく、求職者目線で知りたいことを網羅してください。

(3)トレンドを反映させる

採用動画を制作する際は、トレンドを反映させましょう。

動画の雰囲気や構成が古いと「体制も古臭い会社なのではないか」とブランディングに悪影響を及ぼすからです。

他社の採用動画なども参考にしつつ、トレンドを反映させた新しい印象の採用動画を作りましょう。

もしもトレンドがわからなかったり、トレンドの動画の作り方自体がわからない場合は、動画制作会社へ採用動画の制作を依頼するのがおすすめです。

5.『ツタアニ®︎』が制作し効果が高かった採用動画事例

過去に『ツタアニ®️』が制作し、効果の高かった採用動画事例を紹介します。

  1. 株式会社JITSUGYO
  2. 株式会社ミツケン
  3. 株式会社エヌエスイーエデュケーション
  4. 光洋工業株式会社

4社の採用動画を紹介するので、求職動画制作の参考にしてください。

1つずつ、どの点が求職者に刺さったのかポイントを解説します。

(1)株式会社JITSUGYO

『株式会社JITSUGYO』は創業65年の広告会社で、官公庁や大手企業など多くの取引先を持つ老舗の会社です。

この動画は会社の説明がメインとなっていますが、アニメーションと実写を組み合わせることで、求職者に「どんなオフィスで働けるのか」「職場の環境や待遇はどうなのか」を伝えています。

(2)株式会社ミツケン

『株式会社ミツケン』は、大規模修繕や防水工事を行う工務店です。

まず冒頭に企業の信頼性を伝える情報をアニメーションと文字を使って紹介し、ブランディングを実施。

その後、企業として心がけている労働環境への配慮を紹介することで、求職者の知りたい労働環境の情報を伝えています。

またアニメーションの最後に実写で施工現場の写真を掲載し、実績のある企業であることをアピールし、求職者に入社後のイメージを持たせるように工夫されています。

(3)株式会社エヌエスイーエデュケーション

『株式会社エヌエスイーエデュケーション』は、発達障害や精神障害を持つ方のために、やりがいのある職場を紹介する仕事です。

キャリアカウンセラー募集の動画では、アニメーションで仕事の概要ややりがいを解説。

さらに実写でミーティングの様子などを公開し、求職者に労働環境のイメージを具体的に伝えています。

また1日のスケジュールを公開するなど、働き方や労働時間についての疑問も解消できる作りとなっています。

(4)光洋工業株式会社

『光洋工業株式会社』は、基礎工事用仮設機材の開発・販売・リースを行う会社です。

採用動画は自社の役職者をユニークなイラスト化し、文字とキャラクターイラストのみで構成されています。

情報量を最小限にし、視聴する人に対して企業への親近感を持たせるように構成された動画です。

企業のイメージや実績を大きなフォントで端的に伝え、短くも印象に残る採用動画の事例です。

トレンドを抑えた求職者に刺さる採用動画を制作しましょう

多くの企業が採用に動画を取り入れており、採用動画は高い効果のある説明資料の1つとなっています。

採用動画の制作は難しいイメージがありますが、アニメーション制作ツールがあれば、自社内でも簡単に制作可能です。

またハイクオリティの動画を求めるなら、アニメーション・動画制作代行会社へ依頼すると良いでしょう。

記事で紹介した採用動画のトレンドや作り方のコツを反映し、優秀な人材の興味を惹く採用動画を作ってください。


御社の魅力を伝えるアニメーションの制作なら「ツタアニ®」

ツタアニは、今年で創業65年目の広告会社である株式会社JITSUGYOが運営するアニメーション制作サービスです。

アニメーション制作は参入障壁が低く、社歴が短い会社やシェアオフィスで運営している会社が多いのが現状です。そんな中でも、弊社は2023年で66期目になり一般企業だけでなく、国や地方自治体、大学、著名人といったお客様との取引も多数ございます。

年間80件以上の対面取材、プロポーザル参加件数年間14件で勝率70%以上など、65年以上続く広告会社であり伝えることのプロだからこそ、誇れる実績が多数ございます。65年以上続く広告会社だからこそできる圧倒的なシナリオ作成力で、営業から取材、制作、広告運用まで一気通貫したサービスをご提供いたします。

アニメーションは作って終わりではなく、その後の商品やサービス、会社の認知や採用など、認知拡大やマーケティング部分までサポートできるのが弊社の魅力です。Google広告公式認定資格保持者も社内に在籍していますので、専門的でより効果的な施策を実施することが可能です。

アニメーション制作をご検討中の企業担当者様は、株式会社JITSUGYOが運営するツタアニ®に、ぜひ一度ご相談ください。

制作の依頼・相談
ツタアニ編集部

ツタアニ編集部

年間300本以上の動画制作実績を誇るツタアニの編集メンバー。動画を使ったマーケティングについて、老舗広告会社の視点から解説します。

記事を
シェアする

TwitterTwitterでシェア FacebookFacebookでシェア LINELINEでシェア RSSRSS

\ 老舗の広告会社が運営する /

実績豊富なアニメーション制作ならツタアニ®にお任せください

伝えることのプロだからこそ、圧倒的なシナリオ力で高品質なアニメーション制作を行います。
営業から取材、制作まで、65年で蓄積されたノウハウを基に、社内で一気通貫したサービスをご提供いたします。