コラム

COLUMN

採用動画制作の7つのコツ!採用動画のトレンドや応募が増える理由を解説


「採用動画を制作するコツとは?」
「採用動画の流行りってどんなもの?」

採用動画は求職者を集めるために活用されている最新の手法で、紙の資料よりも多くの情報を伝えられます。

しかし採用動画を制作したくても、どんな動画を作れば良いか分からず困っている方もいるでしょう。

この記事では、トレンドを反映した採用動画の種類3つと採用動画作りのコツを紹介しています。

最後まで読めば、求人応募者数が増える採用動画制作が作れるようになるでしょう!

1.トレンドを反映した採用動画の種類

採用動画を作る際は、トレンドを反映しましょう。

  1. アニメーション
  2. インタビュー
  3. インタラクティブ

トレンドを取り入れるのは、採用動画制作におけるコツの1つです。

1つずつトレンドになっている採用動画の種類を説明します。

(1)アニメーション

アニメーションは、採用動画のトレンドとなっています。

アニメーションはテキスト媒体よりも情報が伝わりやすく、また見る人に対して親近感を与えやすいです。

スマホネイティブの若者は、インターネットの発達により長文を読むのが苦手で、動画や音声から情報を得ることに慣れています。

アニメーションは短時間で多くの情報を伝えられるため、採用のターゲットとなる若手に情報を伝えやすいとして、採用動画のトレンドになりました。

(2)インタビュー

最近のトレンド動画のトレンドはインタビュー動画です。

求職者世代である若手は口コミを重視する傾向にあり、実際に働いている人がその企業へ抱いている印象や入社後のギャップについて知りたいと考えています。

入社1〜2年の先輩たちのインタビューを動画にしてまとめることで、求職者が知りたい情報をまとめられます。

(3)インタラクティブ

インタラクティブ動画とは、ただ視聴するだけでなく画面に触って(タップして)インタビュー動画を閲覧するなど、ゲーム感覚で楽しめる動画です。

動画を見るだけでは集中力が途切れがちですが、インタラクティブ動画にすれば飽きずに最後まで動画を視聴できます。

たとえば新入社員が朝出社して朝の挨拶をしていき、登場人物をタップするとその社員のインタビューが閲覧できるような動画がトレンドです。

その他の採用動画のトレンドについては、以下の記事をご覧ください。

2.採用動画で応募が増える3つの理由

採用動画で応募が増える3つの理由を説明します。

  1. テキストよりも情報が伝わりやすい
  2. シナリオ次第でアクションを誘発しやすい
  3. 求職者に入社後の自分をイメージさせやすい

なぜ採用動画を取り入れる企業が増えているか、その理由がわかるでしょう。

(1)テキストよりも情報が伝わりやすい

採用動画はテキストよりも情報が伝わりやすいです。

実に動画はテキスト媒体より、5,000倍もの情報量を同じ時間で伝えられるという研究結果も出ています。

特にアニメーションは気軽に見られるイメージがあり、イラストなどを使って難しい情報をわかりやすく伝えられます。

そのため採用動画など、会社概要を伝える動画にはぴったりの表現方法です。

(2)シナリオ次第でアクションを誘発しやすい

採用動画のシナリオにこだわれば、狙ったアクションを視聴後に誘発できます。

採用動画の目的は求職者に対し、自社へ入社したいという欲求を起こさせて、求人に応募してもらうことです。

動画の中で自社の魅力を伝え、求職者の条件に合う会社であると判断されれば、応募ボタンを押してもらえるでしょう。

(3)求職者に入社後の自分をイメージさせやすい

採用動画によって、求職者に入社後のイメージを持たせられます。

入社後にどんな風にキャリアアップし、どのような1日を過ごすかのイメージがつけば、求職者は「この企業が自分には合っている」と判断して、応募ボタンを押すでしょう。

採用動画で視覚的にオフィスの様子を見せたり、1日のスケジュールをアニメーションで伝えることで、求職者は入社後の働き方の検討をつけられます。

自分がその企業で働いているビジョンが持てれば、採用動画を視聴した人が求人に応募してくれる可能性は上がるでしょう。

3.応募が増える!採用動画構成の7つのコツ

採用動画の構成をするうえで重要な7つのコツを紹介します。

  1. 採用の4Pからテーマを1つ絞る
  2. 動画のテーマを決める
  3. 短時間で伝えたいことをまとめる
  4. 拡散が狙えるユニークな動画を作る
  5. 求職者のニーズを反映させる
  6. トレンドを意識したかっこいい動画を作る
  7. YouTubeなどのSNSで採用動画を運用する

1つずつ参考にしてください。

(1)採用の4Pからテーマを1つ絞る

採用の4Pから、テーマを1つ絞りましょう。

  • Philosophy(理念・目的)
  • Profession(仕事・事業)
  • People(人材・風土)
  • Privilege(特権・待遇)

求職者の知りたい情報は、おおまかに以上の4つに分類できます。

全ての要素を取り入れると、1つ1つのメッセージが薄れてしまうため、採用動画1本につき1つのテーマを決めてください。

(2)動画のテーマを決める

次に採用動画のテーマを決めましょう。

採用動画の4Pから「人材・風土」について伝えると決めたら、次は自社のアピールできる風土について考えます。

「風通しが良いこと」「個性的な人材が揃っていること」など、アピールポイントを決めてください。

テーマに沿ったシナリオを考案することで、視聴者が混乱せず伝わりやすい採用動画を作れます。

(3)短時間で伝えたいことをまとめる

採用動画はなるべく短時間でまとめましょう。

TikTokなどの台頭により、スマホネイティブ世代は短時間で情報を得られる短めの動画が好きだからです。

あまり長尺だと最後まで視聴してもらえないため、5分程度の短い動画でまとめた方が、視聴率が良くなります。

(4)拡散が狙えるユニークな動画を作る

採用動画は拡散を狙えるユニークな動画にしましょう。

SNSで拡散されれば、手間をかけずに多くの人に自社を認知してもらえます。

より多くの応募者が集まる可能性も高まるため、バズるようなユニークな動画を考えましょう。

(5)求職者のニーズを反映させる

採用動画には求職者が知りたい情報を入れましょう。

自社の長所ばかりアピールした動画よりも、求職者が知りたい残業時間の有無や1日のスケジュールなどを入れるなど工夫してください。

(6)トレンドを意識したかっこいい動画を作る

採用動画はトレンドを意識しましょう。

編集が時代遅れだと、企業に対しても良いイメージが持てなくなる可能性があるためです。

冒頭で紹介した採用動画のトレンドを取り入れて、若者にアピールしましょう。

(7)YouTubeなどのSNSで採用動画を運用する

採用動画は作って自社HPで公開するだけでなく、YouTubeなどのSNSで運用しましょう。

SNSで動画を公開すれば、全国の求職者に動画を見てもらえる可能性があります。

採用効率を上げるためにも、採用動画はSNSで公開して運用してください。

採用動画作りのコツを押さえて応募を増やしましょう

採用動画はトレンドを押さえて、求職者が知りたい情報を入れるように工夫しましょう。

自社のアピールしたいことではなく、求職者が知りたいであろうことを考えて、仕事を探している人の目線で作るのがコツです。

記事で紹介した採用動画作りのコツを意識して、求職者に刺さる採用動画を作ってください!


御社の魅力を伝えるアニメーションの制作なら「ツタアニ®」

ツタアニは、今年で創業65年目の広告会社である株式会社JITSUGYOが運営するアニメーション制作サービスです。

アニメーション制作は参入障壁が低く、社歴が短い会社やシェアオフィスで運営している会社が多いのが現状です。そんな中でも、弊社は2023年で66期目になり一般企業だけでなく、国や地方自治体、大学、著名人といったお客様との取引も多数ございます。

年間80件以上の対面取材、プロポーザル参加件数年間14件で勝率70%以上など、65年以上続く広告会社であり伝えることのプロだからこそ、誇れる実績が多数ございます。65年以上続く広告会社だからこそできる圧倒的なシナリオ作成力で、営業から取材、制作、広告運用まで一気通貫したサービスをご提供いたします。

アニメーションは作って終わりではなく、その後の商品やサービス、会社の認知や採用など、認知拡大やマーケティング部分までサポートできるのが弊社の魅力です。Google広告公式認定資格保持者も社内に在籍していますので、専門的でより効果的な施策を実施することが可能です。

アニメーション制作をご検討中の企業担当者様は、株式会社JITSUGYOが運営するツタアニ®に、ぜひ一度ご相談ください。

制作の依頼・相談
ツタアニ編集部

ツタアニ編集部

年間300本以上の動画制作実績を誇るツタアニの編集メンバー。動画を使ったマーケティングについて、老舗広告会社の視点から解説します。

記事を
シェアする

TwitterTwitterでシェア FacebookFacebookでシェア LINELINEでシェア RSSRSS

\ 老舗の広告会社が運営する /

実績豊富なアニメーション制作ならツタアニ®にお任せください

伝えることのプロだからこそ、圧倒的なシナリオ力で高品質なアニメーション制作を行います。
営業から取材、制作まで、65年で蓄積されたノウハウを基に、社内で一気通貫したサービスをご提供いたします。