コラム

COLUMN

動画広告のメリット7つ!掲出できる媒体や広告向けの動画の種類


「動画広告にはどんなメリットがあるの?」
「動画広告にはどんな種類がある?」

動画広告とはWebサイトやYouTubeなどのSNSに、一定時間の動画を流して宣伝する手法です。

多くの企業が取り入れている広告手法ですが、掲出メリットがわからないと、掲出を決断できません。

この記事では動画広告の概要、動画広告を掲出するメリットとデメリット、動画広告に向いている動画の種類について紹介します。

最後まで読めば、動画広告の基礎知識がつくだけでなくメリットを意識して動画広告を有効活用できるでしょう!

1.動画広告とは

動画広告とは、動画を利用した広告です。

静止画よりも動画の方が情報を短時間で、視覚的に伝えて購買意欲を掻き立てられる点が魅力です。

  1. 動画広告の種類
  2. 動画広告を掲出できる7つの媒体

動画広告の種類や媒体について解説します。

(1)動画広告の種類

動画広告の種類は主に4つあります。

  1. インストリーム広告
  2. インリード広告
  3. オーバーレイ広告
  4. インバナー広告

1つずつ内容を説明します。

#1:インストリーム広告

インストリーム広告とは、YouTubeなどの動画再生時に挟まれるCMのような広告です。

ユーザーがスキップできるタイプと、強制的に一定時間視聴させるタイプの2種類があります。

#2:インリード広告

インリード広告とは、Webサイト・アプリなどの広告枠に表示される広告です。

サイトやアプリの利用者に対して、動画で自社商品やサービスを認知してもらえます。

#3:オーバーレイ広告

オーバーレイ広告とは、Webサイトやアプリでコンテンツの上にかぶさるように表示されるタイプの広告です。

広告サイズが大きく、またコンテンツの上に広告が表示されるためユーザーへの強制視認性が高いです。

#4:インバナー広告

インバナー広告とは、バナー広告枠に配信するタイプの広告です。

コンテンツ周辺にバナーが表示され、さりげなく利用者へ自社商品やサービスの認知を促せます。

(2)動画広告を掲出できる7つの媒体

動画広告を掲出できる7つの媒体を紹介します。

  • YouTube
  • インスタグラム
  • X(旧Twitter)
  • facebook
  • TikTok
  • LINE
  • 検索エンジン

現在主流となっているSNSや検索エンジンのほとんどが、広告掲出に対応しています。

媒体によって広告の掲出費用は変わりますが、自社の想定ターゲットが利用しているSNSなどに掲出すれば、自社商品やサービスを利用してくれる可能性が高まるでしょう。

2.動画広告が企業にもたらす7つのメリット

動画広告を掲出する7つのメリットを紹介します。

  1. 視覚的に商品やサービスの情報を伝えられる
  2. 自社ブランディングもできる
  3. 認知拡大にも効果がある
  4. 購買を促すシナリオでアクションを誘発しやすい
  5. 効果測定しやすい
  6. 動画の二次拡散が期待できる
  7. ターゲットにリーチしやすい

動画広告を使って自社認知を高めたり、売上拡大に繋げたい方は参考にしてください。

(1)視覚的に商品やサービスの情報を伝えられる

動画広告は視覚的に商品やサービスの情報が伝えられる点がメリットです。

写真やテキスト主体の広告では、商品やサービスの質感が細かい部分まで伝わりません。

その点動画広告なら、実際に商品を使用している動画でユーザーにより具体的に使用感などが伝わります。

購入後のイメージを持たせることで、購買につながる確率も上がるでしょう。

(2)自社ブランディングもできる

動画広告はブランディングにも有効活用できます。

自社がどのような信念でサービス・商品を開発、販売しているかを動画で伝えられるためです。

動画広告によってまだ見ぬ顧客が自社を理解し、好感を抱いてくれるように働きかけられます。

(3)認知拡大にも効果がある

動画広告は認知拡大にも効果的です。

Webサイトやアプリに表示される動画広告は目立つため、利用者はつい広告に興味を惹かれます。

商品を認識することで、いつかその商品が必要な場面になった際に購入を検討してもらえる可能性が高まるでしょう。

(4)購買を促すシナリオでアクションを誘発しやすい

動画広告は購買を促すシナリオにより、アクションを誘発しやすい点もメリットです。

テキストや画像では伝わりにくい使用後の変化、使った先にあるベネフィットを視覚的に伝えられるためです。

動画広告のシナリオにこだわれば、より多くの人に自社商品やサービスを利用してもらえます。

(5)効果測定しやすい

動画広告は効果測定が容易です。

サイトへの流入を分析すれば、どの広告からユーザーがサイトを訪問したか調べられます。

費用対効果の高さを検証し、動画内容を変更するなど、PDCAを回しやすい点がメリットです。

(6)動画の二次拡散が期待できる

動画広告の内容次第では、二次拡散が期待できます。

面白い動画広告は画面録画やスクリーンショットを撮られ、SNSで拡散されやすいためです。

動画広告が拡散されれば広告を見たユーザー以外にも、商品や会社を認知してもらえます。

(7)ターゲットにリーチしやすい

動画広告はターゲットにリーチしやすい点もメリットです。

掲出する媒体によって設定内容は異なりますが、性別や居住地などで詳細なターゲティングが可能です。

自社商品の想定ターゲットに近い人へ広告を表示させるなどの設定も可能なため、広告の効果をより高められます。

3.動画広告の4つのデメリット

動画広告にはデメリットがある点も注意しましょう。

  1. 静止画広告よりもコストがかかる
  2. クリエイティブにこだわる必要がある
  3. 流し見・スキップされやすい
  4. 通信環境に左右されやすい

1つずつデメリットを説明します。

(1)静止画広告よりもコストがかかる

動画広告は静止画広告よりもコストがかかります。

まず動画制作などクリエイティブにかかる費用が、静止画よりも高くなるためです。

また媒体によりますが、原則静止画広告よりも動画広告の方がクリック単価なども高めに設定されています。

動画広告の費用については、以下の記事を参考にしてください。

(2)クリエイティブにこだわる必要がある

動画広告を掲出する際は、クリエイティブにこだわる必要があります。

編集がおしゃれじゃない、動画が目を引かない場合は、掲出してもクリックはおろかスキップされる可能性があるためです。

(3)流し見・スキップされやすい

動画広告は流し見やスキップされやすい点もデメリットです。

広告内容に興味がない、動画が面白くないとスキップしたり、内容に注目せずに流されてしまいます。

動画広告を掲出しても、必ず見てもらえるとは限りません。

(4)通信環境に左右されやすい

動画広告は通信環境に左右されやすい点が弱みです。

通信環境が弱い場所では動画広告が再生されなかったり、通信制限を受けているユーザーは動画広告を閲覧できません。

4.広告に向いている動画の種類

動画広告に向いている動画の種類は3つあります。

  1. アニメーション
  2. 商品やサービスの実写動画
  3. インフルエンサーなどによる紹介ムービー

自社で動画広告を掲出したいと考えている方は、この3つの中から掲出を検討しましょう。

(1)アニメーション

アニメーションは動画広告に向いています。

比較的安価に作成でき、シナリオによってユーザーの購買意欲を高められます。

たとえば漫画を動画化した漫画動画、アニメーションでのPRを取り入れている企業も多いです。

(2)商品やサービスの実写動画

商品やサービスの実写動画も、動画広告に向いています。

ユーザーが動画を通して使用感や質感を確かめ、使ってみたいという欲望を起こさせやすいです。

(3)インフルエンサーなどによる紹介ムービー

インフルエンサーによる紹介ムービーも、動画広告に使われます。

影響力の高いインフルエンサーはファンからの信頼があり、真似して商品やサービスを使ってみたいという欲求を起こさせます。

メリットの多い動画広告で売り上げを拡大しましょう!

動画広告はユーザーに対して、よりリアルな使用感や質感を伝えたり、シナリオによって行動を喚起できる点がメリットです。

掲出費用は静止画より高めの設定ですが、費用対効果の計測なども可能なため販促や認知拡大のために掲出してみると良いでしょう。

ただし動画広告はクリエイティブ面にこだわる必要があり、ユーザー心理を知り尽くした企業へ制作を依頼すべきです。

信頼できる制作会社へ動画広告の制作を依頼して、自社認知や売り上げを拡大しましょう!


御社の魅力を伝えるアニメーションの制作なら「ツタアニ®」

ツタアニは、今年で創業65年目の広告会社である株式会社JITSUGYOが運営するアニメーション制作サービスです。

アニメーション制作は参入障壁が低く、社歴が短い会社やシェアオフィスで運営している会社が多いのが現状です。そんな中でも、弊社は2023年で66期目になり一般企業だけでなく、国や地方自治体、大学、著名人といったお客様との取引も多数ございます。

年間80件以上の対面取材、プロポーザル参加件数年間14件で勝率70%以上など、65年以上続く広告会社であり伝えることのプロだからこそ、誇れる実績が多数ございます。65年以上続く広告会社だからこそできる圧倒的なシナリオ作成力で、営業から取材、制作、広告運用まで一気通貫したサービスをご提供いたします。

アニメーションは作って終わりではなく、その後の商品やサービス、会社の認知や採用など、認知拡大やマーケティング部分までサポートできるのが弊社の魅力です。Google広告公式認定資格保持者も社内に在籍していますので、専門的でより効果的な施策を実施することが可能です。

アニメーション制作をご検討中の企業担当者様は、株式会社JITSUGYOが運営するツタアニ®に、ぜひ一度ご相談ください。

制作の依頼・相談
ツタアニ編集部

ツタアニ編集部

年間300本以上の動画制作実績を誇るツタアニの編集メンバー。動画を使ったマーケティングについて、老舗広告会社の視点から解説します。

記事を
シェアする

TwitterTwitterでシェア FacebookFacebookでシェア LINELINEでシェア RSSRSS

\ 老舗の広告会社が運営する /

実績豊富なアニメーション制作ならツタアニ®にお任せください

伝えることのプロだからこそ、圧倒的なシナリオ力で高品質なアニメーション制作を行います。
営業から取材、制作まで、65年で蓄積されたノウハウを基に、社内で一気通貫したサービスをご提供いたします。