コラム

COLUMN

ホワイトボードアニメーションとは?ビジネス向きな理由や作り方


「ホワイトボードアニメーションは、ビジネスに向いてる?」
「ホワイトボードアニメーションの作り方やメリットは?」

ホワイトボードアニメーションとは、白い画面に文字やイラストを書き込む形式のアニメーション動画です。

ビジネスシーンでも多く活用されており、YouTubeや企業ホームページで見かけることも増えてきました。

自社でホワイトボードアニメーションを活用したいと考えているものの、作り方や活用メリットがいまいちわからないとお悩みの方もいるでしょう。

この記事では、ホワイトボードアニメーションがビジネス利用に最適であること、メリットとデメリット、企業のホワイトボードアニメーション活用事例や作り方を解説します。

最後まで読めばホワイトボードアニメーション活用のメリットがわかり、求人や認知拡大の選択肢が増えるでしょう!

1.ホワイトボードアニメーションはビジネス利用に最適

ホワイトボードアニメーションとは、ホワイトボードを模した真っ白な画面に、文字やイラストを書いていく様子を動画にしたものです。

手書きで実際にホワイトボードに書いていく様子を撮影し、動画化する方法と、専用のアニメーション制作ツールを使って作る2つの方法がで作成できます。

ホワイトボードアニメーションは、大学案内、社内でのプレゼンや自社PR、サービスや商品紹介にもよく使われており、ビジネス向けのアニメーションです。

絵や文字だけだと単調なプレゼン資料になりがちですが、ホワイトボードに文字やイラストを書いていくという会議をイメージさせるアニメーションを用いることで、程よいビジネス感を演出しつつ、理解しやすい動画を作成できます。

また動画化することで、単調な資料や難解な内容も理解しやすくなり、最後まで集中して視聴してもらえるのがメリットです。

ただ紙に印刷した資料を渡すよりも、ホワイトボードアニメーションを使った方が圧倒的に伝わる情報量は多くなります。

顧客や社内、今から自社に入職希望している人に対してよりメッセージが伝わり、行動を起こさせるアニメーションを作れるのが強みです。

2.ホワイトボードアニメーションを活用する3つのメリット

ホワイトボードアニメーションを、会社PRなどに活用するメリットは、以下の3つです。

  1. 好奇心を刺激し記憶に残りやすい
  2. 視聴者が理解しやすく視聴後の行動を促せる
  3. 比較的低コストで制作できる

1つずつメリットを解説するので、自社で想定しているビジネス利用の目的にホワイトボードアニメーションが適しているか判断しましょう。

(1)好奇心を刺激し記憶に残りやすい

ホワイトボードアニメーションの強みは、みる人の好奇心を刺激して試聴を促せる点です。

またホワイトボードに絵や文字が描かれていく様子が面白く、最後まで見てもらえるので自然に内容が記憶に残ります。

実は単にホワイトボードに絵や文字を描きながら説明するよりも、アニメーション化した方が人の記憶には残ると言われているのをご存知でしょうか。

それはホワイトボードアニメーションに、「どんな絵や文字が出来上がるんだろう」と、視聴者をワクワクさせる性質があるためです。

そのため画面に集中して視聴させる効果が高く、内容についても「こういう内容の動画だった」と覚えてもらえます。

(2)視聴者が理解しやすく視聴後の行動を促せる

ホワイトボードアニメーションは、テキスト媒体よりも圧倒的に理解しやすいといわれています。

実はテキストと比べて、アニメーション動画の理解度や伝わる情報量はおよそ5,000倍といわれています。

人は動くものに集中する習性があるため、画面を食い入るように見てしまうためです。

またアニメーション動画になることで、退屈になりがちな会社の資料や説明でも、理解しやすくなる性質があります。

会社のPRや自社製品・サービスの説明は、理解されなければ全く意味をなしません。

紙媒体の資料も「読もうとしている人、すでに商品に興味を持っている人」には有効ですが、潜在顧客に自社を認知してもらうには弱いのです。

ホワイトボードアニメーションを活用すれば、「なんとなくアニメーションだから見た」人にも自社の魅力を伝えられ、興味を持ってもらえる可能性があります。

例えば「なんとなく〇〇の業界で仕事がしたい」と思っている人は、特有の企業の情報を探そうとしているわけではありません。

特定の企業を志望している人は、就職したいという目的のために、紙媒体の資料も読み込んでくれるでしょう。

一方で企業を絞っていない求職中の人は、理解しやすい資料を提示してくれた企業に興味を持ちます。

このようなシチュエーションでは、会社のPR資料を紙で作るよりも動画化した方が自社に関心を持ち、求人広告に応募してもらえる可能性が高まるのです。

ホワイトボードアニメーションの活用で、多少難しい内容でも視聴者が理解しやすくなり、意図した通りに視聴後に行動してくれる可能性が高まるのもメリットです。

(3)比較的低コストで制作できる

ホワイトボードアニメーションは、他のアニメーション動画に比べて低コストで制作できるのもメリットです。

ホワイトボードアニメーションは、外部委託したとしても数十万円から100万円以内で制作できます。

一方でモーショングラフィックスなどは200万円以上、手描きアニメーションは手間がかかることもあり、400万円程度かかることもあるほど高額です。

自社PRや求人のために動画を作りたいと考えているものの、費用面がネックになっている企業もあるはずです。

そんな方は、ホワイトボードアニメーションなら比較的安価に作成でき、費用面の負担も軽いため、制作依頼をかけやすいでしょう。

アニメーションの制作依頼費用については、以下の記事で詳しく説明しています。

3.ホワイトボードアニメーションのデメリット

ホワイトボードアニメーションはビジネス利用に強く、安価に制作できるとメリットが多い動画です。

一方で、動画のテイストが他社アニメーションと似てしまうというデメリットがあります。

ホワイトボードアニメーションの基本は、真っ白な背景に文字や絵を書き込んでいく様子をアニメーション化したもの。

つまり動画の基本が同じなので、他社が作ったホワイトボートアニメーションとの差別化が難しいでしょう。

特にアニメーション制作の知識がない企業が、自社でアニメーション制作ソフトを購入してホワイトボードアニメーションを作る際に、他社との差別化ができずに視聴すらしてもらえないというデメリットが起こり得ます。

ホワイトボードアニメーションのデメリットの解決策

このデメリットは、アニメーション制作の経験豊富な制作会社へ外部委託することで解決可能です。

アニメーション制作の経験が豊富な企業は、数多くのアニメーションノウハウを持っています。

ホワイトボードアニメーションについても多数依頼を受けているケースが多く、どうすれば差別化できるか、視聴者を惹きつけるシナリオはどんなものかを知り尽くしているからです。

また、同じホワイトボードアニメーションでも、構成やアニメーションの見せ方次第では十分に差別化が可能です。

例えば株式会社JITSUGYOが提供する「ツタアニ®」というアニメーション制作サービスでは、他社との差別化を徹底した動画制作が可能です。

株式会社JITSUGYOが創業65年の広告会社であり、「伝える技術」に長けているためです。

年間80件以上の取材実績やヒアリング能力を活かし、クライアントの要望と視聴者側の真理に寄り添ったシナリオ作成をしてくれるので、他社と似やすいホワイトボードアニメーションでも、シナリオでの差別化が可能。

またアニメーション動画自体を個性的にするノウハウにも優れており、実写動画の挿入や画面の切り替えタイミングで、飽きさせず他社と一味違うホワイトボードアニメーションを制作します。

以上のように、ホワイトボードアニメーションの欠点である「他社と似やすい」という問題は、実績豊富なアニメーション制作会社への依頼で解決可能です。

アニメーション制作を依頼できる会社一覧は、以下の記事で解説しています。

4.ホワイトボードアニメーション活用事例3選

ホワイトボードアニメーションをビジネスに活用した3つの事例を紹介します。

  1. 奈良の経営者コミュニティ「朝の会4U」
  2. スキルのフリマ「ココナラ」
  3. 動物病院「山陽動物医療センター」

企業がホワイトボードアニメーションを「何に」使っているかを理解し、自社の求人動画やPRのヒントにしてください。

(1)奈良の経営者コミュニティ「朝の会4U」

奈良の経営者コミュニティ「朝の会4U」は、コミュニティのPRにホワイトボードアニメーションを活用しています。

まず「朝の会4U」とは、奈良の異業種交流コミュニティで、週に2回朝6時半から1時間情報交換会を開催。

2012年発足依頼30名の経営者が所属しており、ビジネスコネクションを増やし、また知識や意見の交換を実施しています。

コミュニティへの参加者を増やすために、具体的に何をしているのか、団体の目的を解説した動画をホワイトボードアニメーションで制作し、具体的な意見交換の場の様子をアニメーションで再現するなどして、視聴者が入会後のイメージを持てるように作られています。

(2)スキルのフリマ「ココナラ」

スキルのフリマ「ココナラ」も、アプリサービス内容をホワイトボードアニメーションでPRしています。

「ココナラ」は色々なスキルを持つ人がアプリに登録し、そのスキルを買いたい人とマッチングさせるサービス。

スキルのフリーマーケットという斬新なサービスだったが故に、内容をわかりやすく伝える方法が必要でした。

そこで公式YouTubeでココナラの解説動画をホワイトボードアニメーションで紹介。

何ができるアプリなのか、具体的にどんなスキルを持った人が集まるかを解説した動画で、ココナラを利用したことがない人にも伝わる動画を制作しています。

(3)動物病院「山陽動物医療センター」

他社との差別化に成功した事例として「山陽動物医療センター」を紹介します。

「山陽動物医療センター」が作成したホワイトボードアニメーションは、手の実写を入れ込んだ作り。

ホワイトボードアニメーションにリアルな手の写真を入れ込むことで、画面を個性的にしています。

また実際に手で書き込んでいるように見せることで、視聴者の興味をそそる作りになっています。

5.【初心者向け】ホワイトボードアニメーションを作る流れ

次は初心者に向けて、ホワイトボードアニメーションを作る流れを解説します。

  1. シナリオを考える
  2. イラストの作成
  3. イラストや文字を画面に配置する
  4. イラストと文字をアニメーション化する
  5. BGM・ナレーションなどを入れる
  6. 再生して不自然な部分を編集する

ホワイトボードアニメーションを自作してみたい企業担当の方は、以下の流れでアニメーション動画を作りましょう。

1ステップずつホワイトボードアニメーションを作る流れを説明するので、参考にしてください。

(1)シナリオを考える

ホワイトボードアニメーションを作るうえで大切なのは、シナリオです。

シナリオとはアニメーションの台本のことで、視聴者に伝えたいことをメッセージとして折り込み、なおかつ最後まで飽きが来ないように視聴してもらうために必須のもの。

例えば求人PRであれば、仕事を探している人の心の動きを予測しながらシナリオを組み立てます。

まずは会社の紹介で自社がしっかりした企業であることをアピールし、その次に求職者が気になる働き方の条件や給与面などを紹介。

またオフィスの実際の写真などを動画に入れ込むことで、実際に入社した後のイメージを作ってもらえます。

最後に働きやすい環境をアピールするために、既存社員の写真などを載せてみたり、働くことで得られるものを動画に入れると、より強く印象に残る求職者向け動画を作れるでしょう。

これらの構成をもとに、動画のシナリオを作っていきます。淡々と視聴者が知りたい情報を紹介する動画でも良いですし、主人公のキャラクターが自社に入社し、働く中で成長していく様子をアニメーションにしても良いでしょう。

まずは伝えたいことをリストにして、その後視聴者を引き込む台本を考えてください。

(2)イラストの作成

次にホワイトボードアニメーションに使うイラストを作ります。

自社のPRを紹介する中心的な人物などを登場させた方が、視聴者が感情移入しやすいからです。

キャラクターは人物、動物でもなんでも構いません。

イラストを作れる人がいるなら、その人にホワイトボードアニメーションで登場させるイラストを描いてもらいましょう。

もしもイラストが描けない場合は、VYONDというアニメーション制作ソフトを使えば、既存テンプレートからキャラクターを選ぶだけでホワイトボードアニメーションが作れます。

VYONDを会社で活用している事例については、以下の記事で紹介します。

(3)イラストや文字を画面に配置する

作成し終わったイラストや文字を、画面に配置していきます。

オリジナルのイラストや会社ロゴ、実写写真を登場させると画面が個性的に見えて、他社との差別化にも役立ちます。

前後の場面との切り替えが不自然にならないように、完成図を予測してイラストや文字を配置していきましょう。

(4)イラストと文字をアニメーション化する

イラストや画面の配置を決めたら、次はそのイラストや文字をアニメーション化します。

アニメーション制作ソフトや編集ソフトを使い、キャラクターのモーションや文字の動きを決めていきましょう。

実際に再生してみて不自然な部分があれば修正し、実際に絵やイラストをホワイトボードに書き込んでいるように見えるよう調整してください。

(5)BGM・ナレーションなどを入れる

出来上がったホワイトボードアニメーションに、BGMやナレーションを入れます。

効果的なBGMやナレーションの使用で、視聴者が飽きずに最後まで視聴する効果があるので、ぜひ音声も活用してください。

画面の切り替えにサウンドエフェクトを入れるだけでも、画面切り替えされたことが視聴者に伝わりやすくなり、またもし視聴者がよそ見していても再度画面に注目してもらえます。

(6)再生して不自然な部分を編集する

BGMやナレーションまでつけたら、ホワイトボードアニメーションを再生しましょう。

実際に再生してみるとアニメーションが不自然な部分や、画面転換が唐突に見える場所が見つかるはずです。

一度通しで見てみて気になる部分をメモし、そこを何度か再生して編集することで、より自然でクオリティの高いホワイトボードアニメーションを作れます。

以上が、自作でホワイトボードアニメーションを作る流れです。

簡単なようですが、自作のイラストやBGMなどを用意すると、かなりの時間がかかります。

可能ならアニメーション作りの担当者を設けるなどし、アニメーション作りに集中できる環境を作るようにしてください。

6.ホワイトボードアニメーションを作る3つの方法

ホワイトボードアニメーションを作るには、3つの方法があります。

  1. 手書きでホワイトボードに書く方法
  2. アニメーション制作ソフトで作る方法
  3. 制作会社に依頼する方法

自社でホワイトボードアニメーションを作ることは可能ではありますが、原則アニメーション制作会社への依頼がおすすめです。

1つずつホワイトボードアニメーションを作る方法を説明するので、どの方法が一番自社に適しているか検討してみましょう。

(1)手書きでホワイトボードに書く方法

ホワイトボードアニメーションは、手書きでも作れます。

自社でホワイトボードを用意して、実際に文字や絵を書いていき、その動画を録画。

録画した映像を編集して動画化するだけなので、方法としては最も簡単です。

ただし手書き文字なので視聴者への視認性が悪くなりがちであり、また大量の文字やイラストを描かなければならないので、制作に時間がかかります。

簡単に制作できるだけに、視聴者側からは「予算を抑えて作っている」ように見えがちで、企業が作る動画としては不適正かもしれません。

また動画編集のスキルがある人がいないと、自然な動画にならない可能性があるので、注意しましょう。

(2)アニメーション制作ソフトで作る方法

アニメーション制作ソフトを使えば、より簡単にホワイトボードアニメーションを作れます。

自作でイラストや文字を使ってホワイトボードの完成形を作り、アニメーション編集ソフトでモーションをつけて動画化する方法が1つ。

または、VYONDというアニメーション制作ソフトを使えば、キャラクターを選んで文字を設定するだけで、ホワイトボードアニメーションが作れます。

VYONDはイラストが描けない方でもアニメーションが作れるソフトで、パワーポイントの操作ができれば、誰でも利用できるのが強み。

自社でイラスト制作スキルがある人がいない場合は、VYONDを使ってホワイトボードアニメーションを作ると良いでしょう。

ただし、VYONDは広く流通しているアニメーション動画制作ソフトであり、数多くの企業やYouTuberに利用されています。

キャラクターなどもVYOND提供の物を使う為、同じソフトを使っている競合他社の動画がある場合、視聴者から見たら区別しにくいのがデメリットです。

また1ユーザーあたり18万円以上の費用がかかるため、やや予算も高くなるでしょう。

とはいえ自作でホワイトボードアニメーションが作れるソフトとしてはかなり優秀なので、外部委託を検討してないなら、VYONDがおすすめです。

VYONDについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参照してください。

(3)制作会社に依頼する方法

ホワイトボードアニメーションは、専門のアニメーション制作会社へ依頼するのがおすすめです。

理由は他社との差別化ができること、また肝心のシナリオ作りで差をつけられること。

ホワイトボードアニメーションはどうしても他社と見た目が似やすく、YouTubeなどで後悔するにしても、サムネやタイトルまで工夫しなければなりません。

しかしアニメーション制作や動画運用のノウハウがないと、ホワイトボードアニメーションが作れても、誰にも見てもらえずに終わる可能性も。

その点制作会社へ依頼すれば、アニメーションのシナリオ作りから動画化、そして動画運用もサポートしてもらえます。

例えば株式会社JITSUGYOが提供するアニメーション制作サービス「ツタアニ®︎」では、アニメーション制作を全面的にサポート。

クライアントへの入念なヒアリングによるシナリオ作りはもちろん、アニメーション化から動画の運用まで、総合的に支援してもらえます。

株式会社JITSUGYOは大手企業や官公庁との取引もある大手の広告会社で、数多くの人に対してリーチできる広告手腕を持つ会社。

その広告ノウハウを活かしたアニメーション作りで、求人・自社PRなどさまざまなアニメーション動画作りを請け負っています。

自社で十分なリソースが確保できない、効果のあるアニメーションを作りたいと考えているなら、株式会社JITSUGYOのような実績あるアニメーション制作会社への依頼がおすすめです。

自社ビジネスのPRをホワイトボードアニメーションで作りましょう!

ホワイトボードアニメーションは視聴者に「どんな絵や文字が完成するか」とワクワクを与え、難しい情報でも伝わりやすい特性を持っています。

また比較的低コストで作れることから、企業が初めて動画で自社PRなどを行う際におすすめ。

ただし、ホワイトボードアニメーションを自作するには手間がかかります。

また他社との差別化が難しいという欠点から、そもそも素人が作っても視聴されないリスクがあるでしょう。

比較的安価に外注も可能なホワイトボードアニメーションでのPRを考えているなら、制作会社への依頼がおすすめです。

自社で伝えたい内容を理解してもらいやすく、視聴後の行動を促せるホワイトボードアニメーションを活用して、自社認知の拡大や求人に役立てましょう!


御社の魅力を伝えるアニメーションの制作なら「ツタアニ®」

ツタアニは、今年で創業65年目の広告会社である株式会社JITSUGYOが運営するアニメーション制作サービスです。

アニメーション制作は参入障壁が低く、社歴が短い会社やシェアオフィスで運営している会社が多いのが現状です。そんな中でも、弊社は2023年で66期目になり一般企業だけでなく、国や地方自治体、大学、著名人といったお客様との取引も多数ございます。

年間80件以上の対面取材、プロポーザル参加件数年間14件で勝率70%以上など、65年以上続く広告会社であり伝えることのプロだからこそ、誇れる実績が多数ございます。65年以上続く広告会社だからこそできる圧倒的なシナリオ作成力で、営業から取材、制作、広告運用まで一気通貫したサービスをご提供いたします。

アニメーションは作って終わりではなく、その後の商品やサービス、会社の認知や採用など、認知拡大やマーケティング部分までサポートできるのが弊社の魅力です。Google広告公式認定資格保持者も社内に在籍していますので、専門的でより効果的な施策を実施することが可能です。

アニメーション制作をご検討中の企業担当者様は、株式会社JITSUGYOが運営するツタアニ®に、ぜひ一度ご相談ください。

制作の依頼・相談
ツタアニ編集部

ツタアニ編集部

年間300本以上の動画制作実績を誇るツタアニの編集メンバー。動画を使ったマーケティングについて、老舗広告会社の視点から解説します。

記事を
シェアする

TwitterTwitterでシェア FacebookFacebookでシェア LINELINEでシェア RSSRSS

\ 老舗の広告会社が運営する /

実績豊富なアニメーション制作ならツタアニ®にお任せください

伝えることのプロだからこそ、圧倒的なシナリオ力で高品質なアニメーション制作を行います。
営業から取材、制作まで、65年で蓄積されたノウハウを基に、社内で一気通貫したサービスをご提供いたします。